南極料理人

 

 

Masayuki502さんとお約束してから

わたしの考えるカルチャーっぽい記事って何だろう?って

ちょっと悩みましたが(笑)

映画のご紹介をさせていただきます。

 

Content image

南極観測隊員の西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、「クライマーズ・ハイ」の堺雅人を主演に映画化。極寒の南極ドームふじ基地にやってきた8人の観測隊員の1人、西村の仕事は隊員の毎日の食事を作ること。約1年半、遠く離れた日本に家族を残し、隊員たちは悪戦苦闘しながらも次第に絆を深めていく。共演に生瀬勝久、きたろう、高良健吾ら個性派が揃う。

※下記より引用

 

 

この映画

ストーリーそのものよりレシピというか

料理に対するポリシーにとても強く惹かれました。


ゴミを出さない

食べ残さない


そのために産み出される数々のリメイク料理!!!


 

本当に素晴らしいと感動しました。

で、以来わたしもリメイク料理にハマってしまったんですよね。


だってせっかく作った料理を

余らせて捨ててしまうなんて勿体ないですからね。

 


食べきれるように知恵を絞る

中途半端に余った材料も発想を転換して

頭を柔らかくして使い切ってみる。

 

料理は化学

料理は哲学


楽しい~ ♪( ´θ`)ノ

 

これって、カルチャーですよね。

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/10 20.97 ALIS 0.00 ALIS
さゆり's icon'
  • さゆり
  • @sally
わたしは何者?
コメントする
コメントする