日本マイクロソフトがJR東日本等と共同でブロックチェーン技術を活用した社会インフラを構築

Content image

 

日本マイクロソフト株式会社が、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社JR東日本情報システム、みずほ情報総研株式会社と共同で、ブロックチェーンを活用した、交通や各種サービスにおける個人データの改ざんと漏洩を防止、さらに新たなテスト基盤を構築したことを発表しました。

 

この発表により私たちが何を知るべきかについて、まずインフラ分野にブロックチェーン技術が用いられやすく、今後社会基盤において無くてはならない存在として認められるのとブロックチェーン技術者は今後必要とされる分野とも理解することができます。

 

社会基盤に影響を与えるとして同技術者は社会的地位も今後認められることは間違いないと思われます。

 

しかしここで気になる点としてブロックチェーン技術で人手不足が解消されるためにそんなに技術者がいらないのではと思われる点ですが、今後は様々な同技術を使ったネットワークが確立するためにブロックチェーン同士の架け橋をする技術者が必要になる可能性があります。

 

仮想通貨XRP、リップルがブリッジ通貨として用いられるのと同様、架け橋となる同技術者が必要になり、さらにブロックチェーン技術がどのような分野で使う必要なのか、AIを使ったさらなる活用分野を見いだすのにもAIとブロックチェーン技術、両方把握している技術者が必要になるかもしれません。

 

そのため、両分野とも新しい技術であることから今後これらの分野に精通している技術者不足が懸念されています。

 

プログラミングにおいても何をプログラムすべきなのか、その社会的需要を見越して、学んでいく必要が今後あるとも言えます。

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/03 22.89 ALIS 0.00 ALIS
iTED's icon'
  • iTED
  • @yahweh777
なごやかな暗号資産(仮想通貨)&ブロックチェーンライター・家族関係心理士
コメントする
コメントする