Steemit・ALISのライバル? Narrative β版がリリース!

Steemitのライバルとの呼び声が(一部で)高かったオンラインジャーナルサービス、ブログ/SNSのNarrativeが、2019年4月3日(日本時間)についにβ版として公開されました!

 

 

 

Steemitのライバルということは、ALISのライバルでもあるということ?
でも、今までもさんざんSteemitキラーとかいうサービスは出ているしなぁ。

Narrative公式ツイッターでは、SteemitユーザーをNarrativeに誘導するよう煽っていますねw

 

ということで、まずはどんなサービスかみてみましょう。
自分はしばらく前から登録していて試しに記事も書いていたので、印象記を。

 

デザインがおしゃれで垢抜けている

まず、第一印象はサイトデザインがとてもいいですね!

上の写真はNarrativeトップページ。
ALIS同様におすすめ記事が並んでいます(最上段の写真は意図的だなw)。

個別記事ページのデザインも、下のように素敵。

 

https://www.narrative.org/post/snow-in-kyoto-kinkakuji-golden-pavillion

これは自分が試しに書いた記事です。
なんだか写真が映えて、おしゃれに見えます。

 

こちらがユーザーのマイページ

「10」というのはSteemitでおなじみのReputation Score(信頼度スコア)
Steemitと同様に、記事を書いたりコミュティに益となる活動をすることでスコアが上がってゆく仕組みです。

しかし、特にコミュニティ活動についてはSteemitと違う活動があり、そこがNarrativeの特徴になっています。
それは次項で説明します。

 

Narrativeの特徴Nicheとは?

Narrativeサイトを見ると、やたらに「Niche(ニッチ)」という言葉が出てきます。
これは独特の概念なので、最初はさっぱりわかりませんでした。

でも、このNicheがNarrativeの最も特徴的なポイントなのです。

Nicheとは、大ざっぱに言うと投稿カテゴリのことです。
Nicheには「小さな分野」という意味があるので、記事の投稿分野ということでしょう。

 

記事を公開する際には、必ずNiche(投稿カテゴリ)を3つ選択しないといけません
後で述べるように、ここに大きな意味があることに気づきました。

Nicheという投稿カテゴリは、ALISのように運営さんが決めるのではありません。
ユーザーであれば誰でも提案できます。
その案の可否がコミュティで投票され、適切と認められればNicheとして登録されます。
このあたり、非中央集権を実現していますね(ALISをディスってるわけではありませんw)。

なので、Nicheはたくさんあります。
カテゴリというよりタグに近いかもしれません。でも、タグのように記事投稿者が好きに付けられるものではなく、登録されたものから選ぶことになります。

さらに、ここからが面白いというかややこしいのです。
コミュティによって認められたNicheには、オーナーとモデレーターが付きます
なんやねんそれ??

Nicheを盛り上げるためにオーナーとモデレーターがいるのです。
例えば、

https://www.narrative.org/n/japan

「Japan」というNiche(カテゴリ)にはfreedomという方がオーナーです。モデレーターはまだ空席ですね。
そしてこのNicheページには、投稿時にJapanというNicheを付けた記事が並んでいます。

オーナーやモデレーターは、自分のNicheを盛り上げてゆく役割です。
実際、自分の記事にも早速オーナーがコメントを下さっています。

このNicheが小さなコミュニティになるのですね。

ちなみにこのJapanのNicheで、自分以外のもう一つの記事を書かれているのはGraham Smithさん。
Grahamさんは日本在住のSteemianとして有名、そしてALISコミュニケーターでもあります。
ALIS関連の方、どこにでもいますねw。

 

Narrativeの肝のNicheのキモ

さて、このオーナーはどうやって決めるでしょう?
そもそもオーナーになるメリットはなんでしょう?

Nicheがコミュティで認定されると、そのNicheがオークションにかけられます
それを落札した人がオーナーです。

Niche(カテゴリ)のオークションってなんやねん!?という感じですよね。
そして、モデレーターは志願した人の中からオーナーが選びます。

実は、オーナーやモデレーターになると、そのNicheに投稿された記事から得られる報酬の一部がオーナーやモデレーターに分配されるんですね。
だから、オーナーやモデレーターは頑張って自分のNicheを盛り上げようとします
ここがNarrativeの大きな特徴です。

ここまで来ると、正直めっちゃメタな発想で、この仕組みを理解して使いこなせる人がどれだけいるのだろう?と思うくらいです。

もちろん、記事報酬はNRVEというNarrativeが発行したトークンで受け取ります。
オークションもNRVE建てで行われます。
このような工夫でトークン経済圏を作る発想かと思います。

NRVEはすでに取引所に上場されています。

https://coinmarketcap.com/currencies/narrative/

NRVEって、なんだかエヴァンゲリオン(NERV)みたいでカッコいいですね?

 

最後に

Narrative独自の仕組みはまだまだあって、自分が把握していないところもかなりあります。特に言うと非中央集権とトークン経済圏を実現するために、かなり考えて工夫している印象です。
その上、NarrativeはSteemitよりかなり垢抜けているデザインで、親しみやすいです。
また、NicheというNarrativeご自慢の仕組みは理論的にはとても面白く非中央集権コミュニティの形成を目指している姿勢が見えるのも興味深いです。

でも、これらの仕組みはややこしくもあり、実際に広く受け入れられるかどうかは未知数かと思います。

NarrativeがSteemitキラーになるかどうかですが、今のSteemitに不満が大きい人の受け皿にはなりそうな気がします。一方Steemitは今やとても大きな存在になり、魅力も多いので簡単には倒せないようにも思います。

えっ、ALISのライバルになるかって?
今のところ日本語で勝負をしているALISと、しばらくは英語のみをサポートする方針らしいNarrativeとは土俵が違うように感じます。

いずれにせよ、いろんなクリプトエコノミクス関連のサービスが出てくるのは楽しいですね。

こちらがNarrativeの自分のページ。フォローしてね!
これからも書き続けるかどうか、かなり疑問だけど…。

Narrative Cosmosのページ

 

Narrative公式トップページ

 

(本記事において、Narrativeのリファラルリンクは一切貼っていません。β版になってリファラル制度が(一部を除き)無くなりました(T_T))

 

 

よろしければ他のクリプト記事もご覧くださいね。 

CosmosのALISクリプト記事 
Twitter: @cosmoscx

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/04/03 50.88 ALIS 3.00 ALIS
こすもす's icon'
  • こすもす
  • @Cosmos
京都・大阪で暮らし働いています / ALIS認定アンバサダー / Twitter: @cosmoscx / g.o.a.tブログ https://cosmos.goat.me
コメントする
  • 大街
  • 2ヶ月前

これ2chの板文化っぽくてすごい日本に親和性高そうなサービスですね!

返信
  • やねうらTV
  • 5ヶ月前

フム、良く出来たパクりなんですねぇ(笑)
ちょっとこの程度でsteamを倒せるとは思えませんけど😅💦
しかしPRIMASでさえ面倒で登録に二の足を踏んだので、はっきり言って広まらない気がします😇

返信
  • 複アカ(疑われ)
  • 5ヶ月前

たぶんPRIMASの報酬設計を参考にしてますね。PRIMASではサークルの創設者(?)が報酬の一部を得られるようになっています。コミュニティの発展に尽くすインセンティブを働かせるgoodidea。
実はコミュニティの発展=プラットフォームの発展なのが上手いこと考えられてますよね〜。

返信
  • 貫く剣
  • 5ヶ月前

Nicheの仕組み面白そうですね。
これがあればごしゅいn、、、なんでもないです。

返信
コメントする