恋愛、出会い

アイリス <あなたを大切にします>

 

この記事を書こうと思ったのは、今日の午後、電車の移動中の事でした。しまりすさんの記事に思わず「乗った!」と叫んでしまったのです・・・

今日中に、書き終えたら、投稿しよう!と決めました。

 

<3つの宝物>

 僕が、運命の人との出会いをしたのは、あろう事か、結婚したての時だった。

僕の奥さんは自由奔放な人で、僕とは正反対な性格だった。僕は、誰の目から見ても、イケメンタイプでは無い。そんな僕を選んでくれた奥さんの言うことは、なんでも聞いた。奥さんの愛犬の為に、家をリホームしたし、奥さんの為に高級車も買った。結婚して、すぐに、海外旅行に連れ回されて、すでに年休が底をついていた。身も心も、ボロボロな結婚生活だった。

 こんな時、彼女は、6ヶ月の乳飲み子を抱いて、シングルマザーとして、我が社に、入ってきたのだ!

上に、3歳と、二人の子供が居ながらの離婚。よほどの事情があるらしかったが、彼女は、そんな事は考えている暇がないくらい、頑張っていたし、僕には眩しいくらいに素敵に見えた。

それから一年後、僕は離婚した。

 初めから、僕の魅力なんか感じていなかったのか?あっけないくらい、すんなり別れてくれた。僕は、早くに親を失い、妹と二人、温かな家庭を夢見ていたのだ。その妹も、すでに結婚して、可愛い子供達のいいお母さんになっていた。

 

 僕は、その後、職場の移動で彼女と会うことは少なくなったが、時々、見かける彼女に、いつしか、声をかけていた。

彼女が好きでたまらなかった。彼女は、持ち前の明るさで、職場にはなくてはならない存在になっていた。どんどんたくましく、強くなっていたが、優しさだけは変わらなかった。

何より子供との時間を大事にするから、会うのは、昼間のお昼休憩の時間だけだった。

付き合うようになって、2年!

僕は、彼女にプロポーズした。

彼女の答えはNO

でも、諦められない。

さらに1年が経った。

僕は、「子供を第一に考えて、頑張っている君が好きなんだ!君を守りたい!家族になりたい!」と言った。

すでに子供達も、僕を受け入れてくれていた。

彼女は、うれしそうに、「はい!、よろしくお願いします」と言った。

こうして、僕は、大切な宝物を一度に3つも手に入れてしまった。

令和元年のこの日、僕たちは家族になった。

 

 

過去記事  https://alis.to/users/Enigma

 

Twitter⇒https://twitter.com/nextBBA

 

公開日:2019/05/14
獲得ALIS:14.46
ALISのお婆ちゃん's icon'
  • ALISのお婆ちゃん
  • @Enigma
興味あって、見る側に居ましたが、私もやってみようかな!年齢制限もないみたいだし、精神年齢だけは若い。何なら、止まっているのかも。
コメントする
  • ころん
  • 10日前

ん?ん?この女性はALISおばあちゃん?
いや、令和の話かぁ🎵

返信
コメントする