クリプト

gm zkEVM!:zkSync Eraメインネットが全ユーザー利用可能に

ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • 2023/05/19 06:35

 

Matter Labs zkSync Team

zkSyncの各コンテンツにご参加ください。

Content image

本日、zkSync EraとEthereumにとって大きな節目となる、世界初のzkEVMメインネットが、誰もが利用できる完全パーミッションレスで解放されました。私たちは、数々の堅牢なテスト、セキュリティ監査、バグバウンティを完了し、独立モニタリングとリスク軽減のメカニズムも追加しました。現在、開発者、プロジェクト、全てのユーザは、資産を活用してzkEVMのパワーを体験することができます。

 

私たちがここにいる理由

イーサリアムのスケーリングは、トランザクションのスループットやコスト、ユーザーエクスペリエンスの問題ではなく、手段であり、目的そのものではありません。私たちがスケーリングするのは「自由」です。信頼できる、障壁のない、パーミッションレスな経済協力です。

zkSyncは、私たちが自由を愛するがゆえに設立されました。私たちは、世界をより良くするためにできる唯一のことは、人々の自由を拡大することであると確信しています。自由の拡大は、貧困をなくし、富を増やし、楽しさと創造性を高め、科学の進歩を早め、腐敗や抑圧がもたらされる不正を減らす鍵となります。

zkSyncの理念と価値観

暗号は、今日の世界の自由を守る最も重要な技術です。なぜなら、一個人が強大で集中化した力に対して、私たちが持つことのできる唯一の防御手段だからです。暗号技術は、パーミッションレスのブロックチェーンにつながり、歴史上初めて、誰でもが保有することができる自己主権を可能にしました。

ただし、まだ誰もがアクセスできるわけではないということに注意点する必要があります。

暗号の真の価値は、ブロックチェーンが何百万人ものユーザーの要求を満たし、大量に採用されることによって初めて成功するのです。しかし、ブロックチェーンの価値を高めるものである「信頼性」が、一方ではブロックチェーンの拡張を非常に困難にしています。「信用するな、検証せよ」という原則は、全てのノードがネットワーク上のすべてのトランザクションを検証しなければならないことを意味します。

しかし、1台のサーバーでインターネット上の全てのトランザクションを検証できるのでしょうか?しかし、ある魔法を使えば、それが可能です。

ゼロ知識(ZK)証明は、スマートフォン程度の性能で誰でも検証可能な、大規模計算の完全性をもたらすことができる唯一のプロトコルです。

4年前、私たちはZK技術が大量導入の鍵になることを理解しました。それが私たちのミッションとなり、チームは仕事に取り掛かりました。まず、決済用のシンプルなZKロールアップとしてzkSync Liteを発表しました。そして、2020年12月からメインネットで稼動しています。

私たちはそこからまさにウォーミングアップをしていたと言えるでしょう。

その2年後、私たちは「zkEVM」という用語とそのビジョンを紹介しました。セキュリティ、分散化、コスト、パフォーマンスに妥協することなく、イーサリアムのスマートコントラクトをスケーリングするというアイデアは非常に強力で、すぐに「スケーリングの聖杯」と呼ばれるようになりましたが、同時に非常に複雑で、多くの専門家が「機能するまでに何年もかかる机上の理論的コンセプトである」とみなしました。

しかし、ノイズをものともせず、私たちは静かに作り続けました。
そして今日、私たちが4年前に抱いた夢が実現しました。zkSync Eraで初めて、zkEVMがライブになり、メインネットで誰でも利用できるようになったのです。

 

素早く動く、そして決して手を抜かない

セキュリティは非常に難しいものです。セキュリティに多大な時間とお金を費やしても(これは必須譲ですが)、特に初期の段階ではどうしてもバグが残ってしまうことがあります。

私たちは、zkSync Eraの全てのコンポーネントのテストと監査に1年以上と380万ドルのコストを費やし、現時点では、一般に公開するのに十分な安全性を確保していると確信しています。

一方で、zkEVMには多くの期待が寄せられており、現状を変えるために迅速に行動しなければ、暗号がブレイクスルーに達する前に、採用面で挫折を味わうことになるでしょう。一方、セキュリティ上のインシデントが起きれば、ユーザーの資産を危険にさらすだけでなく、何よりも人々の信頼を著しく損なうことになりかねません。

では、いつローンチするのが適切なのでしょうか?私たちは、そのタイミングは今だと考えています。その理由は以下の通りです:

zkSync Eraのローンチ前に、私たちはシステムの安全性を確保するためにあらゆることを行ったと確信を持つ必要がありました。私たちは時間をかけ、ゆっくりと、非常に慎重に技術を展開しました。

スケーリング領域において、私たちと同じレベルで長期的かつ包括的なセキュリティアプローチに取り組んだプロジェクト未だ見たことはありません。

OpenZeppelinのような一流の監査組織による7回の独立したセキュリティ監査(最近のレポートはこちらこちら)。

内部監査3回

公開コンテスト2件(こちらこちらをご覧ください。)

オープンエンドのバグバウンティプログラム

zkSync Eraコードのオープンソース化

2022年2月からtestnet、2022年10月からMainnetを運用中

zkSync Eraは、使用量とTVLが増加したシステムを監視するまでの間は、Alphaのままとなります。また、独立監視とリスク軽減のメカニズムを追加しており、これはAlphaラベルを解除するまで維持されます:

出金を遅らせることで、異常がないかを注意深く監視する

ZKプルーフの提出を許可する

システムの脆弱性を継続的に監視する

追加のセキュリティ監査とバグバウンティーの実施

zkSync Liteと同様に、システムが成熟した段階で、zkSyncセキュリティ協議会を通じて、緊急時のプロトコルアップグレードを可能にするために、セキュリティ協議会を設立

システムを構築して出荷したとはいえ、私たちのセキュリティの改善は決して終わることはありません。セキュリティとは、チェックボックスをチェックすることではなく、継続的な心の状態なのです。

私たちのセキュリティアプローチについて

 

オフザビートトラック:フォワードルッキングバイデザイン

zkSync EraのzkEVMは、メインネットでリリースされましたが、将来を見据えた設計で構築されています。私たちのチームは、安価なプライバシー、無制限の成長、複雑なユースケース、大量採用を促進するユーザー体験を可能にする機能を開発者が利用できるように、意図的な設計の選択を行ってきました。

ここでは、zkSync Eraのユニークなアーキテクチャを紹介します:

1. ネイティブなAccount Abstraction(AA)

大量採用のためには素晴らしいUXが必要であり、それはネイティブAAなしには考えられません。EIP-4337はイーサリアムにとって正しい方向への大きな一歩ですが、それだけでは十分ではありません。

その理由は以下の通りです:

第三者の仲介業者への依存を導入している

大多数のイーサリアムユーザーには機能しない(ほとんどのアカウントがEOAであるため)

一方、zkSync Eraは、初日からネイティブAA機能を備えており、これら2つの問題を解決しています。例えば、Eraのどのアカウントでも、任意のトークンで手数料を支払うことができ、補助可能なプロトコルでは手数料ゼロでの取引が可能です。

2. 強力なLLVMコンパイラ

MacBook Proで8ビットゲーム機をエミュレートすることはできますが、8ビットゲーム機でMacOSを動かすことはできるでしょうか?将来の可能性を最大限に引き出すには、まず性能を追求した設計が必要です。私たちの場合、Era内部ぼ仮想マシンを、EVMとの同等性ではなく、ZKプローバーの最高性能に最適化することを意味します。しかし、その結果、開発者の体験が悪くなるようなことがあってはなりません。

Eraでは、開発者は新しい言語でコードを書き直したり、異なるツールを使ったりする必要はありません。これを実現するために、私たちはEVM言語(Solidity、Vyper、Yul)用の最初のLLVMベースのコンパイラを構築するために多大な投資をしてきました。LLVMは世界で最も成熟したコンパイラスタックであり、エコシステムに大規模なパフォーマンスと開発者体験の向上をもたらすことになります。

3. データ圧縮

データの可用性は、全てのロールアップにおいて最も希少なリソースであり、トランザクションコストの最も大きな部分を占めることになります。Eraは、トランザクション入力の代わりに状態差分を公開することでこの問題に対処しており、既存のzkEVMプロジェクトの中でもユニークであると言えます。これによって、以下のような多くの利点があります:

データ圧縮

オラクルの更新頻度の向上

安価なプライバシー

zkPorterのようなシームレスなオフチェーンストレージ拡張

4. ハイパースケーラビリティ

これらの機能はすべて、私たちの包括的な分散化ロードマップとともに、ハイパースケーラビリティのための重要なビルディングブロックであり、イーサリアム上のZKパワーハイパーチェーンの無限のインターネットによって暗号の大量採用を加速させるという私たちの長期ビジョンです。このビジョンの詳細はまた別の機会にお話しします。

ハイパースケーラビリティのビジョンについて


zkSync Eraを始めるにあたって

メインネット・アルファがオープンした今、ユーザーやプロジェクトは、資金をシステムにブリッジして、ネットワーク上でコードを構築・展開することができます。

ユーザー向け

詳細:zksync.io
イーサリアムからのブリッジ:bridge.zksync.io
エコシステムを探る:ecosystem.zksync.io

注意:現在はアルファ版です。多くの資金をリスクにさらさないように、気楽に触る範囲で楽しみましょう。

開発者向け

構築を開始:era.zksync.io

最新のアップデートについては、TwitterでzkSync EraをフォローしてDiscordに参加してください。Matter Labsに参加してEthereumの未来を形成することに興味がある場合は、オープンロールをご覧ください。

 

今後のzkSyncエコシステムの発展にご期待ください!

zkSyncについて

zkSyncは、ZKロールアップを採用し、最新のシンプルなゼロ知識証明を活用することで、基盤となるブロックチェーンのセキュリティ特性を保持するレイヤー2スケーリングソリューションです。

zkSync v1は、2020年7月からイーサリアムのメインネットでライブ配信されている決済用のZKロールアップであり、多くのプロトコルやウォレット、dappsに採用され、4M以上のトランザクションを実現しました。

zkSync v2は、EVM互換とコンポーザビリティを維持した汎用スマートコントラクト用のZKロールアップです。テストネットには現在、DeFi、NFT、ゲーム、DAO、取引所、オンランプ、ウォレット、デベロッパーツール、データ分析などのプロジェクトから150件以上の参加登録があります。

zkSyncの各コンテンツにご参加ください。
学びながら参加できるCrew3クエストも実施中です。

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 19.33 ALIS Article tip 298.00 ALIS
ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • @JustInBeliever
真に意味のあるプロジェクトの記事のみを掲載していきます。クリプト分野も日本独自のガラパゴス化を歩んでいます。確かな目と耳を持ちませんか?

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
54.01 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS