【クラファン】被災、遭難時のライフライン確保~LIFESABER~

突然の遭難、被災…。

 

生死に関わるそんな状況で生き延びるためには、安全な場所の確保に加え最低限の飲料水とエネルギーの源になる火が不可欠です。

 

電波が受信できる場所に移動できれば、スマホで救難信号を出すことができるので、電源の確保も重要になってきますね。

 

飲料水の確保も熱源の確保を、ましてや電源の確保を人力で行おうとすると、かなりの労力が必要になります。

 

そんな非常事態のライフラインを確保するための便利グッズが、クラウドファンディングに並んでいたので紹介します。

 

LIFESABER

Content image

それがこのライフセーバー。

 

この棒の中に、

・紫外線殺菌装置

・発火装置

・電源供給用バッテリー

・フラッシュライト

・ランタン

・サイレン

・発電機

といった機能が搭載されています。

 

【イメージ動画】

主な機能の詳細

【紫外線殺菌】

UVによる殺菌効果が期待できます。

川の水500mlであれば、三分程度で殺菌できるそうです。

安全な飲水の確保だけでも生存率がぐっと上がるのでこれは重宝しそうですね。

Content image

 

科学的な根拠は以下のサイトを参考にしたそうです。

【発火装置】

アタッチメントの一つにファイヤスターターがあります。

Content image

 

サバイバル時の火の確保や維持はめちゃくちゃ大変ですが、これがあれば一発ですね。

 

飲水の確保並みありがたい機能ですね。

Content image

【発電機】

2500mWhのバッテリーを搭載し、自分で発電することもできます。

クランクを振って回すタイプの充電だと、15分程度でバッテリーがフル充電されるようです。

 

自分の手で回す方式だと更に早く、3分程度でフル充電されるそうです。

 

2500mWhだと、スマホ一回フル充電できるか微妙なところですが、どこでも発電できるのでそこまで気にならなさそうですね。

【その他の機能】

その他、明かりとしてのランタン機能や、動物から身を守るための警戒装置としても使えます。

Content image

 

音と強烈なパッシングで動物を威嚇できるそうです。

 

そんなに大きく無いのに、これだけの機能がついているのはいいですね。

 

いつ起こるか分からない災害に備えて、車の中に一つ置いておきたい代物です。

 

参考)

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/06/09 12.15 ALIS 5.00 ALIS
KTAG's icon'
  • KTAG
  • @KTAG
【メイン職業:家庭教師&塾講師&オンライン講師】【好きな物:ドラムとバイクと調べ物】【座右の銘:無理なものは無理】【ALIS始めて以来欠かさずブログ更新中】
コメントする
コメントする