ファッションの楽しみを語るメカ

Content image

どうもメカメカです。

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね・・・。

メカは…気の向くままに映画を見に行ったり、山を登ったりしながらめちゃくちゃ生産性のないサイコーーーーーな10日間を過ごしたメカ笑

 

この話はまたするとして、今日はファッションについて語ろうと思いますメカ。

何故ファッションを語りたくなったのか?

ALISでファッション記事書いている人が全然いないからそのニッチなポジションを狙っていき(ry

 

さて、語ってくメカ★

服を選ぶ基準って人の数だけあっていいですよね。

 

デザイン、価格、ブランド、品質、機能性、歴史、etc...

メカは昔ファッションにあまり興味がなかったけど、中学の時、友達の影響でそれなりに興味を持つようになりました

遊びにやってきた彼は紫色のパンツに黒のレザージャケット、インナーは複雑な形状のタンクトップ。

昔でも異端だったし今でも異端な恰好だけどメカは衝撃を受けました。

堂々と奇抜な恰好をする彼にメカの常識は破壊されました。

何よりかっこ良かったんですよね。

 

そこから友達にファッションを教えてもらい、全く興味がなかったファッションに少し目覚めるきっかけになりました。

彼は未だにバリバリのドメブラモード系です。

尖ったデザインをこなれた感じで取り入れてます。

彼のファッションに対するポイントはデザインと質が重要でした。

メカは友達とは違う路線に行き機能性、コスト、市場価格重視にシフトしていきます。

こんな感じでファッションに対してどこを重要視するかでその方向性が別れるんですね。

単純にモード系やストリート系と一括りにはできないファッションの奥深さは投資にも通ずるものがあるなあ。

 

メカのファッションポイント

Content image
最近メカの買った服

メカはファッションも投資に近い感覚で身に着けるものを選んでいます。

市場価格があまり落ちないものですね。

あとは機能性でも選ぶようにしています。機械いじるときにここら辺にポケットあると嬉しいとかそんな感じです。

逆に選びたくないものは一過性の流行モノです。

最近だとMA-1ジャケット、コーチジャケットとかSUPREMEが流行りましたよね。

ここらへんのアイテムは選びません、手放す時に値崩れを起こす可能性があるからです。

読みが当たった時も気持ちいい!

いろんな観点から楽しめるのがファッションの良いところですね。

 

初心者にファッションは敷居が高い?

服に気を遣うことって慣れてる人ならもはや息を吸うようにやれるんでしょうけど、最初はみんなそうではないですよね。

よく聞くのが服を買いに行く服がない。

ファッションに興味がある人はまずブランド名を言った時にそこそこピンときます。

初心者はそこらへんが全然分からない。服にコンセプトがあることも知らない。

Content image

メカも何もわからなかったときにオシャレなセレクトショップに入るときなんかもう心臓のドキドキが止まらなかった覚えがあります(笑)

最近、そういった初心者の方のためにお店に出向かなくても買える通販サイトも立ち上がっているみたいです。

おいおい何言ってんだ!通販サイトなんていくらでもあるだろ!と思うかもしれませんがそうじゃないんです。

 

Dcollection

Dcollectionはもともと安い服をECサイトを通して販売することがメインでしたが、競合が多すぎるため、薄利多売になってしまうことから自社サイトに切り替えを行いました。

自社コンテンツの拡充をメインで行い、そこから購入者を集めようと考えたわけですね。

狙っている客層も「オシャレに目覚め始めた初心者」に狙いを絞り売り上げも上がっているようです。

コーディネイト例から、どうやってそのアイテムを使うかの実例も含め万人受けする内容に仕上がっています。

最近知ったサイトで面白いなーと思ったので紹介してみましたメカ。

 

最近目立ち始めたファッションユーチューバー

ファッション業界にもYOUTUBERの波が来てます。結構参考になるので僕も良く見ています✌

面白いのが自社ブランドや店舗を構えていて実際に商品を紹介する動画があったりするのでその人の人気=お店の売り上げにつながるのが新しいなと感じています。

何人か紹介します。

 

ハズムさんは完全に玄人向けの服を紹介するYOUTUBERです。

紹介する服の値段帯も高いですが、それぞれの服の良さ、ポイントを上手く説明しているので買うときに参考になります。

 

げんじさんはプチプラの服や若者向けのコーディネート術をメインにした動画に定評があります。

WEARというアプリで常連のランカーなのでトータルコーディネートはピカイチです。

 

まとめ

服というジャンルだけでこれだけ多くのコンテンツが生まれるのは驚きメカ!

楽しみ方を知らない人も多いと思うのできっかけになればと思い記事をまとめてみました。

こんなに面白い物を放っておくのは勿体ない!

 

それじゃあ今日はこの辺で。

また見てメカ★

 Writer メカメカ
(@MEKAMEKA_BLOG) | Twitter

ALISをテーマにした漫画
ALISTORY連載中!!

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/12 25.35 ALIS 0.00 ALIS
メカメカ's icon'
  • メカメカ
  • @MEKAMEKA
メカメカメカメカメカメカ。楽しく雑記ブログを書く製造マン。
コメントする
コメントする