伊勢志摩紀行 ー喫茶は浪漫ー

 

こんにちは。

地元自慢は楽しいな♡でおなじみのMALIS、最寄りのコンビニでアイス買おうとしたらオキアミ入ってました、です。
 

 

先日は伊勢うどん自慢を繰り広げましたので、今回は伊勢志摩地域に展開するおしゃれな「珈琲屋の自慢ですよ。

 

 

 

◆10月某日、志摩方面に向かう。

ちょっとした用事があり志摩方面に車で向かう。といっても私は運転できないので当然のごとく母ドライバーにお任せである。地元、最高!

 

さて、地元にはとても好きな喫茶店チェーンがある。

その名も、

 

ランプ

 

入り口には素敵な標語が。

あれ?なんか見たことある構文だなぁなどという勘のいい子は嫌いだよ。

 

 

この珈琲屋はチェーン店でして、名古屋発祥、東海三県を中心に展開しています。
特徴を一言でいうと、

 

コメダ珈琲をおしゃれにしたやつ

 

これですね!

店内はこんな感じです。

古民家風の内装と、店名にもなっているランプがうまく溶け合って静かな時間を作り出しています。環境が人を呼ぶのでしょうか、訪れる客もとっても静かな方々。本や新聞を手にのんびりとコーヒーを楽しんでいます。

 

メニューは、厚切りトーストとコーヒーのセットが看板商品。

 

あぁ~

コメダに似てるぅっ!

でももっとおしゃれっ!

 

珈琲屋なのに紅茶頼んじゃいました。

そう、ここの紅茶美味しいんですよね。

 

さてと。

昨今気になる禁煙喫煙について、こちら志摩店では「分煙」の形態をとっています。何かと嫌われがちな分煙ですし私も中途半端で嫌いなのですが、ランプに限れば「大いにあり」ですね。

 

なぜか?

 

店内の見取り図を紹介しましょう。今日の画伯はいつもに増して分かりづらい!

 

そう、入り口を隔てて喫煙禁煙が分かれているのです。しかも、田舎だけあって非常にスペースにゆとりがある。煙、まったく気にならないわ。喫煙コーナーも広々しているのであまり煙が立ち込めている感じがしません。いやその前に客が少ない。

 

アメリカにいる頃、「土地の広さは多くの問題を解決する」というセリフを何度も聞き「ネイティブアメリカンから奪ったくせによ」と思っていたんですが、

 

つまり

 

伊勢志摩はU.S.A

 

ってことか?

 

 

 

話を戻そうかな。

 

このお店、コメダに似ているって言いましたが圧勝しているものがあります。

 

それはね、、、

 

教えちゃうとね、、、

 

 

じゃーーーーーん!

 

 

こっここ、珈琲ゼリー!!!

 

いや、、、なんだろう。

グルメレポ的なの苦手なんですが、写真で伝わりません?この繊細かつ大胆、作り手の丁寧さの権化のような生クリーム!

これだけで、

 

きっと生クリームは甘すぎず

 

きっとバニラアイスも上品で

 

きっと珈琲ゼリーはプルプルで

 

きっとシロップがハーモニーを奏で

 

つまり最高に美味しい珈琲ゼリー!

 

って伝わりません?

 

ね?

 

食べてる最中の写真は撮り忘れました。興奮して食べ過ぎて。

だからもう一度載せておこうかな?

 

美味しそうー!!!!!!!

 

 

 

、、、オチもなく、以上です。

 

 

伊勢志摩紀行というより「私の好きな珈琲ゼリーについて」になってしまいましたが、皆さん珈琲屋ランプにご興味湧きましたか?

情報を張り付けておきます。

 

フランチャイズ絶賛募集中。

 

独立したい方、いかがですか?

 

 

というわけで2回にわたりお届けしたMALIS伊勢志摩紀行、お楽しみいただけましたでしょうか。

私はとても楽しかったです。

 

それでは皆様ごきげんよう。

 

MALIS

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/10/09 101.28 ALIS 5.30 ALIS
MALIS's icon'
  • MALIS
  • @MariSaita
エネルギー政策専門のコンサルタントです。ニューヨークにいることが多いのでこちらの情報発信が多めになる予定。Twitter: @mari_saita
コメントする
コメントする