海外比較-便利すぎるキャッシュレス 前編

 

去年日本に帰ってくるまで、

中国初の大きなプロジェクトの立ち上げに

携わっていました。

 

そこで明らかに感じた中国と日本の差

キャッシュレス社会

であるということ。

 

Content image
wechatの画面

 

露天のオバちゃんがやっている

焼き鳥屋でも

青空で野菜を並べてお店を広げてる

お爺ちゃんのお店?でも。

wechatペイというので支払えます。

※wechatは日本でいうLINEです。

タクシーはwechatで払えば

スムーズですが…

現金で払うと大体お釣り持ってなくて、

バタバタします(笑)

また中国ではクレジットカードは

ほぼ誰も持っていません。

銀行のデビットカードは

みんな持っていますが… 

ほぼお店では使えません(・_・;

すべてはQRコードでキャッシュレス払い。

 

Content image

 

わたしも中国に2年弱住んでいましたが…

最初日本から行ったときは、

QR読み取るの面倒くさいって、

思いました…

 

しかし半年も過ぎると…

財布すらもたないで、買い物行くように

なってしまいます(笑)

それですべての支払いは済むし

友達にも割り勘とか送れるし、

会社からはお年玉🧧的なのが

これで送られてきました(笑)

給料でさえ

これで送られてくることも

ありました。

 

そして…

 

日本に帰国した当初は…

財布のコイン邪魔って

500玉とか重いし(笑)

そんな事を正直思いました(笑)

 

帰国後最初に感心したのは、

PayPay。

還元率も高く普及も急速に

進んでいるようでした^ ^

 

すぐにアプリ入れて使い始めました。

ジャパンネットバンクとの相性も

良いので

どこでもペイペイを使うようにしました。

 

それから…

コロナもあって

接触を避けようってことで

昔使えなかった店でもクレカや

いろんな〇〇ペイの導入が進み

さらに使いやすくなりましたね♪

 

 

皆さんは何ペイを使っていますか?

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/08/04 54.23 ALIS 14.07 ALIS
国際NGO REONE's icon'
  • 国際NGO REONE
  • @NGOREONE
国際NGO REONEのCraisです。海外生活が長いので日本と海外の生活比較や英語の勉強法などを発信しています^ ^
コメントする
コメントする