フナもホオポノポノもハワイの先住民文化というのは嘘

 ホオポノポノの4つの言葉、
ごめんなさい、
ゆるしてください、
ありがとう、
愛してます
 が、強い浄化力をもつことは、ホオポノポノなどいちいち出してくる前から、
世界中の庶民が認識しているところだと思う。 

 だから、なにか流行しているのだなと思っても、あまり気にもとめずにいた。
が、あるとき、あるボディワーカーが、ホオポノポノに触れながら、
「すべての現実は自分自身がつくりだしている」と語り始めたので、
悪しきニューエイジの最悪のパターンが、また違う形で復活しているだけなのだということに気づいた。 

 ちょっとネットを検索してみると、
結局、この思想はマルチ商法や、自己啓発のりの世界で広がっているのであり、これを引用しながら、だから統一教会に入りましょうというサイトまである始末である。 

 なんかむかつくのは、ハワイ先住民がどうのこうのというレトリックである。
ハワイだろうとどこだろうと、地球の上に謙虚に生きている民なら「ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとう、愛してます」が大事な言葉であることぐらい知っている。
そういう意味では、ハワイ先住民もそれを大事にしてきたというのは別に疑わないが、実はルーツとしてはそれだけで、あとはニューエイジ思想のモザイクではないか。 

 そういうレトリックで、ニューエイジ思想を先住民文化だということに、何か、激しい憤りを感じる。

 国家宗教である神道を、縄文時代からのこの島の精神文化だと偽るレトリックと同じく、粘り強く、検証して、暴露して、解体していかなければならないレトリックだと思う。

 ソーカルは、量子力学とかポストモダンとか、エセ科学を流用した欺瞞的な論文をわざと投稿して、採用される。
 そのあとで、パロディーだったことを発表する。 

 世界は知の欺瞞を歓迎している。なぜなら、知の混乱は保守を延命させるからだ。正確な科学は保守的なようでいて、ついには、伝統科学のおかしなところを破壊する。 

 だが、精神論は混乱を呼んで保守を延命するだけなのだ。わざとそれを歓迎しているのが、世界資本に支配された現代の様相なのだ。 

(2010年の日記です)



 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/07/11 17.56 ALIS 0.00 ALIS
あび(abhisheka)'s icon'
  • あび(abhisheka)
  • @abhisheka
10代より世界放浪。様々なグルと瞑想体験を重ねる。53歳で臨死体験。31年の教員生活を経て現在は専業作家。https://note.mu/abhisheka
コメントする
コメントする