クリプト

SolanaとEthereumの比較:類似点と相違点

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2022/09/20 22:27

 

Supra Oracles

Supraコミュニティにご参加ください:https://linktr.ee/supraoraclesjapan

Content image

SolanaとEthereumのコンセンサスメカニズムには違いがあります。Ethereumは、より分散化されているがスケーラブルではないネットワークとなっています。Solanaが採用しているProof of History(PoH)は、安全性は低いものの、より効果的で、高速かつ安価な取引を実現できます。

ブロックチェーン技術の領域では、日々新しいイノベーションが生み出されています。技術の進歩に対するその分散型アプローチは、今後数年間で数え切れないほどの業界に影響を与えることでしょう。ブロックチェーンの導入は、NFT、分散型金融、暗号通貨、その他多くのイノベーションの創出への道を開きました。しかし、レイヤーワンのブロックチェーンプラットフォームのニーズが時間とともに着実に高まるにつれて、各ソリューションの開発速度も速まっています。これらのプログラムは特定のブロックチェーンプラットフォーム上に構築されており、その中でもEthereumとSolanaは最も有名なものの1つとなっています。
 

Ethereum DeFiへのゲートウェイ

Ethereumは、バックグラウンドや場所に関係なく、デジタル通貨やデータに親しむサービスにアクセスできるのが特徴で、ネイティブ暗号通貨であるEther(ETH)や、現在多くの人が利用している数十のアプリケーションを支える、コミュニティが開発した技術として機能しています。Ethereumは、分散型アプリケーションの開発環境を提供することで、領域最大のオープンエコノミーを実現しています。

そして、スマートコントラクトを導入することで、暗号空間の現在の機能の大半の部分をこれまでに生み出しています。Ethereumが導入した技術がなければ、分散型アプリケーション(dApps)、非ファンジブルトークン(NFTs)、分散型金融(DeFi)のいずれも実現しなかったでしょう。ERC-20規格を通じて、Ethereumのブロックチェーンは「トークン」として知られる代替暗号通貨をホストすることができます。Ethereumは、最新のアップデートを経てEthereum 2.0として、多くの機能の進化を遂げることになります。
 

Solana:スケーラブルなブロックチェーン

Solanaは、ブロックチェーン技術の分散性を活用し、スピードと低コストを重視したDeFiソリューションを実現するオープンソースプロジェクトです。プロジェクトの初期開発は2017年に開発か始まりましたが、暗号コミュニティは2020年3月にSolana Foundationが誕生した際に、ようやく「Solana」を垣間見ることができたのです。

Solanaは最速のブロックチェーンプラットフォームの1つで、1秒間におよそ3,000件の取引を処理しますが、理論上では1秒間に5万~6万5千件の取引まで処理することが可能とされています。Solanaは主にスケーラビリティとユーザーフレンドリーなアプリケーションに焦点を当てており、現在エコシステムには400以上のDeFi、Web3、NFT関連のdAppsが存在します。
 

SolanaとEthereumのインフラ比較

エンドユーザーの視点から見ると、SolanaとEthereumはスマートコントラクトと互換性のあるパブリックでオープンソースのブロックチェーンに匹敵するものです。SolanaとEthereumのブロックチェーンインフラを比較すると、技術的な改善や開発が膨大に行われていることがわかります。どちらもブロックチェーン技術という点では同じですが、それぞれが独自の方法でそれを実現しています。その中には、プログラミング言語、コンセンサスモデル、開発ツールなどの違いがあります。

Content image

コンセンサスメカニズム
コンセンサスメカニズムとは、ネットワークの現在の状態についてコンセンサス(合意)を得るために、全てのブロックチェーンノードが実行しなければならない技術です。

Ethereumは最近のマージを経て、Proof of Stakeへ移行を完了する見込みです。

Solanaは、そのコンセンサス方法に関して新しい仕組みを採用しています。このネットワークは、2つの異なる事象の間の時間差検証のための最適なアプローチを発見するために、計算の配列の仕組みを採用しています。これは、Proof of StakeとProof of Historyの長所を組み合わせたハイブリッド・コンセンサスであり、取引注文をより柔軟にアレンジすることを可能にします。その結果、毎秒約65,000件のトランザクションを行うことができるようになりました。

プログラミング言語と仮想マシン
各ネットワークノードには、命令がデジタル台帳に追加されたときに実行される仮想マシンが含まれています。スマートコントラクトプラットフォームが提供するプログラミング言語と仮想マシンは、それがサポートするスマートコントラクトのセキュリティに影響を及ぼします。

開発者は、経験の豊富な言語の方がエラーを起こしにくいと言えます。したがって、長い歴史を持つ仮想マシンは、より安定し、ミスが少なくなる可能性があります。

Ethereumは専用のEthereum Virtual Machine(EVM)を採用しており、スマートコントラクトの大半はSolidity、Vyper、Yul/Yul+、Featherといった独自言語で書かれています。

一方、Solanaは、C、C++、Rustなど、より認知度の高いプログラミング言語が使われています。しかし、Solanaのアプリケーションを実行するためのアーキテクチャは、マルチスレッドのサポートや、memプールの代わりにGulf Streamトランザクション転送システムを使用するなど、かなり複雑なものとなっています。

Ethereumスマートコントラクトの脆弱性の多くは、開発者がSolidityとEVM、その動作の仕様に精通していないことに起因しています。Solanaはより実績のある言語を使用していますが、その複雑な設計はセキュリティリスクをもたらす可能性があります。

トランザクションのスピード
トランザクションの速度の点では、Solanaは非常に優れています。Solanaは、トランザクションの実行に関して、領域内で最も速いブロックチェーンの1つでもあります。

Ethereumは分散化を重視し、Solanaはスループットを重視しました。数字の検証は次のステップです。

これまでのバージョンのEthereumのProof of Work(PoW)機構は、12~15TPSを処理iしてましたが、Solanaはクラッシュすることなく5万TPS以上処理可能です。Ethereum 2.0と呼ばれる新たなシステムがどれだけの数字を出していくのかに注目が集まります。

アーキテクチャ
アーキテクチャも開発者にとっての重要な要素です。アーキテクチャはブロックチェーンネットワークの状態や、変数値を調整できるかどうかを記述するものです。

Ethereumは、競合の中でも紛れもなく最も優れたステートフルアーキテクチャの1つであり、それがブロックチェーンベースのアプリケーションの開発に広く採用されている理由です。このプラットフォームでは、全てのトランザクションが現在の状態で記録され、最新のトランザクションを反映した複製が速やかに生成されます。その結果、ステートレスネットワークより遅いものの、効率的なネットワークとなります。

Solanaは、Solanaクラスタと互換性のあるクラスタアーキテクチャをベースにしています。これは、クライアントの取引と元帳の維持に対応するバリデータのセットであり、各クラスタは独自のバリデータを持ち、各バリデータの職務は連続的に交代します。そしてPoHコンセンサスを用いて、クラスターリーダーがトランザクションを構築し、タイムスタンプを付与します。これはステートレスアーキテクチャであり、Solanaアーキテクチャの状態全体を常に更新する必要はありません。これがSolanaが効率的でスピーディなトランザクションを提供できる理由です。

非中央集権
ブロックチェーン技術の基本的な考え方の1つは、分散化です。ブロックチェーンの目的は、個人や集団が不均衡な影響力を行使するシステムから脱却することです。これによって、特定の権力の悪用から身を守り、耐障害性を高め、さらなる利点をもたらします。

一般的に、ブロックチェーンシステムは分散化を維持するのに苦労しています。Proof of Workでは、マイニングプールの導入により、少数の協力的な当事者がブロックチェーンを潜在的にコントロールすることが可能になりました。Proof of Stakeでは、最大のステークを持つ当事者が最大のステークも受け取ることになり、この「金持ちがより金持ちになる」配置は、最終的に権力の集中につながる可能性があるのです。

EthereumはSolanaよりも分散型です。Solanaでは、上位50人のバリデーターが総ステイクの35%以上を握っており、最大のバリデーターであるエバーステークはネットワークのバリデーターを合わせて50%以上を支配している寡占状況となっています。
 

まとめ

投資家や企業から一般の人々まで、ブロックチェーンのユースケースは大きな関心を集めており、暗号領域について知っているほとんどの人が、そのチャンスを生かしたいと望んでいます。暗号通貨市場は浮き沈みがあるものの、その普及率は着実に年々高まっています。

DeFiやNFTといった暗号通貨のトレンドが、最も人気のある2つであり、両プロジェクトとも、DeFi、NFTの各市場をしっかり押さえているようです。そして、EthereumとSolanaのどちらにもメリットとデメリットが存在します。どのブロックチェーンコミュニティに参加するか、または構築するのが最善かを判断するには「自分にとって、そしてプロジェクトにとっての長期的な目的は何か?」と自問することが大切となります。

暗号通貨業界の将来に関連するあらゆる事柄について、より深い知識を得るには、Supraアカデミーセクションのコンテンツは有用な情報源となるでしょう。全ての記事は情報提供のみを目的としており、いかなる種類の投資アドバイスと見なされるものではありません。

 

暗号/ブロックチェーン分野は特定のプロジェクトのみが生き残る世界ではなく、分野全体の成長が必須となります。また、理解もせずにトークンのみを追うというのは非常にナンセンスです。Supra Oraclesは、今後も継続的に教育材料を提供していきます。

オラクル・ソリューションという枠を超えて発展していく、今後のSupra Oraclesにご期待ください。

Supra Oraclesについて

Supra Oraclesは、実世界のデータを橋渡しと、金融市場のスマートコントラクトを自動化、簡素化、安全化を提供します。

Supraコミュニティにご参加ください:https://linktr.ee/supraoraclesjapan

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 43.34 ALIS Article tip 310.40 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

17万円のPCでTwitterやってるのはもったいないのでETHマイニングを始めた話

Like token Tip token
46.60 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS