ビジネス

【挑戦したい構想をシェア】WellBeing起業家としてNEO企業をつくりたい

AITABI's icon'
  • AITABI
  • 2023/03/06 08:36

これから話す、WellBeing起業家やNEO企業(NEO=新時代の企業)についてシェアする前に、私の人生ストーリーをお伝えしたいと思います。

私自身の生き方、在り方、思想、
人生で何を感じ、考え、決断、行動してきたのか、

これらを知って頂くことで、
「なぜ私がWellBeing起業家としてNEO企業を立上げよう」と、思い立ったのか。

みなさんに共有することができると思います。

 

Content image

 

人生ストーリー

22歳:大学卒業後、大手IT企業に就職。
25歳:約2年半働き、退職。
   マルタ島へ初めての海外留学。ヨーロッパ1人旅。
27歳:帰国後、アルバイトをしながら副業で個人事業をはじめる。
28歳:バイトをやめて完全独立。
29歳:あるキッカケがあり、仕事観・人生観が変わり、仕事を全てやめる。
    鹿児島県沖永良部島へ移住。8ヶ月暮らす。
30歳:島暮らしに飽きて、1人車旅。
    佐賀県唐津市でゲストハウス立上げ&DIYサポート。
    山口県下関市へ移住。地域おこし協力隊として活動開始。
31歳:WellBeing起業家、NEO企業立上げチャレンジ開始。

 

わたしは元々、就職活動をしている時から、”やりたい仕事”は、ありませんでした!わたしにとって仕事は、人生を楽しむための”お金”を得るためのツール
仕事は人生の一部であって、全てじゃない。大切にしたいのは、人生を楽しむことと、大切な人たちと過ごす時間でした。

 

就活の時の軸は、誰と一緒に働きたいか+自分の時間がたくさん持てること
好きな人、一緒に働きたいと思える人がいる環境なら、大変な仕事も頑張れるし
残業がなくて、休みがたくさんあって、自分のプライベートの時間を、たくさん持てる会社だったら、自分の人生も楽しめるはず。そう考えていました。

 

そして実際、社会人になって思ったことは「全然、自分の時間ない!楽しくない!」そして、「これから先、何十年も、毎日この生活が続くのか…」
と、気づいた瞬間、絶望した!!!!!笑

 

「何のために働いてるのかわからない」

「そもそも何で1日8時間も、働かなきゃいけないの」

「もっと仕事も人生も、楽しみたい!知らない世界、人、体験と出会いたい!」

 

そうやって、理想と現実のGAPに悩みながら、無理して、我慢して、仕事を続けた結果。自律神経失調症&うつ病&不眠となり、自分の限界を迎えましたw
そしてこう思いました。

 

「こんなにボロボロになるまで頑張っても、自分の体と心がダメになったら、
 何もできないじゃん。人生終了じゃん。」
 

「もっと自分を大切にしよう、自分の人生を生きよう」

 

そう決意し、会社員時代に幕をおろしました。
そしてこっから先も、留学・副業・独立・無職・島移住などなど、
いろーんなドラマが展開されましたが、長くなるので割愛しまーす!

 

Content image
鹿児島県・沖永良部島

 

WellBeing起業家となったキッカケ

そもそも”WellBeing起業家” や ”NEO企業(新時代の企業)” という構想&概念は
ずっと脳内で、ふんわりと、「こんな感じ」くらいで存在してました。

1人1人が自律・自律した組織、人コトお金が循環。
共創、協働、共同体。
こころの自由が人生を自由にする。
仕事も人生も、自分でつくるもの。
なにをするかより、だれとするか。
△の組織じゃなく、○の組織。 etc...

こんなふんわりイメージが、2年間ずーっと言語化できずにいました。

 

そんな私の脳内ふんわり想像が、具体的になり”WellBeing起業家” や ”NEO企業”
というものが誕生したキッカケは、下関市地域おこし協力隊の活動にあります。

Content image

 

下関市は、人口減少・高齢化・シャッター商店街が増えるまち。

この課題を解決するために、
まちづくり・子育て支援・スマートシティ推進に力を入れています。

その中で私は、3つのプロジェクトと関わってきました。


【シティープロモーション】
 下関市が目指す「多様性は可能性。自分らしく生きる人々が集う街」
 子育て世代が、移住したくなる魅力を発信するためのプロモーション企画や
 マネジメント支援。

 

【まちづくり】
 空き家を活用して、起業&副業チャレンジ施設を運営する事業者さんの支援。

 

【スマートシティ推進】
 まちの課題を、ITで解決し、暮らしやすくする取り組み。
 ウェルビーイングを軸に、サービスや事業を考えている。

 

その中で、見えてきたのは

・市が何か立上げたり、活動していこうとする時、時間がかかる

・街に暮らす人たちのリアルな声を聞かずに、事業構想考えてる

・市が提供するサービスでは、対応しきれない部分もある

 

そして思ったのは

・自分たちで事業始めた方が、はやい!

・本当に必要としてることを、サービス化していきたい

・ウェルビーイングは、個人・企業・街、どの視点から考えるかで大きく変わる

 

さらに大きなキッカケをくれたのは、

2人のママとの出会い

1人目「ちかこさん」
40代、現役バリバリ5人子育てしながら、
本業も、副業も、まちづくりも挑戦するママ
シャッター商店街を、復活させ、人との交流、子供やお年寄りの自然な見守りを実現していくために、起業・副業のチャレンジ施設運営にチャレンジ中

 

詳しくはこちら

2人目「ななこさん」
60代、3人を育てながら仕事も情熱的にとりくみ結果を出してきたママ。
第3の実家的存在として、働くママを支える新規事業立ち上げにチャレンジ中

詳しくはこちら

 

子育ても、自分の仕事も、バリバリ全力でやっている&やってきたママたちと出会い、下関市の地域おこし協力隊としての活動の中でみえてきたことや、感じてきたことを、自分の中ですり合わせていく中で、純粋に2人の挑戦を応援したいと思いました

 

そして、ななこさんから相談を頂き、挑戦&実現したい「働くママを支える事業」を立ちあげるための企画がはじまりました。その中で、私たちは

 

「ママたちが本当に悩んでることって、何なんだろう?」

「本当に必要としていることを、サービスにしていきたい」

「まずは、ママのリアルな声を聞きたい」

 

そう思い立ち、企画したのが

ママのお悩み相談会

▶︎詳しくはこちら

 

そこで、いろんな悩みを聞きました。

ママたちの悩み

例えば、

・急な残業で、子供のお迎えを頼める人がいない

・子供のお迎えや習い事の送迎が負担

・仕事から帰ってきて夕飯を作るのがストレス

・ゆっくり子供と話す時間がない

・仕事から帰宅してバタバタで、イライラしちゃう

・家事代行や、ベビーシッターは、高くて利用できない

・自分の時間がない

・男性やパパたちの育児に対する意識 etc...

 

で、私は

「この悩みに、共通してることは、そもそも何だろう?」

と、俯瞰してみました。

 

そして思ったのは

「結局、悩みを生み出す根本は、時間・お金・働き方・人間関係だな」

 

(育児に対する意識改革は、ちょっとトリッキーだから除いた!)

 

じゃあ、悩みを解決する選択肢ってなにがある?

①パート
「働く時間」を少なくすることで、「自由に使える時間」を増やす。
だけど、収入は減る。

②福利厚生のいい会社に就職
定時退社、育休&産休あり、フレックスタイムやコアタイム制度で、出勤時間に融通がきく。だけど中には、福利厚生をうたい文句にしてるだけで”実際は制度を使えないor使いにくい職場環境や人間関係”があったりもする。使えない、名前だけの福利厚生。

③個人事業やフリーランス
「自分で稼ぐ」ことで、時間・お金・働き方・人間関係の悩みをマルッと解消。
自分の子育てライフスタイルに合わせた時間の使い方、働き方を実現。

 

だけど、ぶっちゃけママたちにとって起業・副業はハードル高めかも。
なぜなら、育児・家事・本業で、すでに「時間」や「心」に余裕ない状態だから。

 

じゃあ残る選択肢は、
結局、パートか福利厚生の良い会社へ就職だけ。

 

けど、どちらもママたちの悩みを根本的に解決するには至らない。

 

じゃあさ、
もう1つ選択肢つくっちゃえば良いよね♪

 

出社なし!
終業時間の縛りなし!
休み自由!働く時間&場所も自由!

自分のライフスタイル(生き方・在り方)に合わせて、自由に働く会社

 

それが

NEO企業(新時代の企業)

勝手に命名しましたw

 

Content image

 

 

なんでNEO企業が、思い浮かんだかというと

キッカケは「ソーシャルビジネス」

ソーシャルビジネスとは、
ビジネスを立ち上げて「サービスで社会課題を解決」すること

 

例えばママの悩みであった
「子供のお迎えを頼める存在がいない」を、ソーシャルビジネスとして考えると

 

社会課題:
子育て世代は、共働きが当たり前の社会。祖父母も現役バリバリ働いている。
なので、子供の送迎を頼める存在がいない。お迎えが遅くなると、夕飯をつくるのも遅くなる。そもそも夕飯つくること自体、ママにとって超負担。
市のサービスで、ファミリーサポート事業があるけど、事前予約制のため「急なお願いごと」は、対応してもらえない。

 

提供するサービス:
子供の送迎をする「こどもタクシー」(架空のサービスです)
お子さんのお迎えから、夕ご飯を食べさせて、見守るところまでやります。

 

こんな風に、ビジネスをつくって、提供するサービスで社会課題を解決することを「ソーシャルビジネス」といい、ビジネスやサービスを考えたり、つくる人のことを「ソーシャルビジネス起業家」と呼びます。


で、おもったのよ!

 

ビジネスで、社会課題解決するのもいいけど、

そもそも「企業の在り方」が変わればいいんじゃない?

 

そこで考えついたのが

WellBeing起業家

 

意味は、「企業の在り方そのもので、社会課題を解決」

そして、「ビジネスやサービスで、自己実現」というもの。

 

どういうことか?

さっきの社会課題を例にして説明します。

 

社会課題:
子育て世代は、共働きが当たり前の社会。祖父母も現役バリバリ働いている。
なので、子供の送迎を頼める存在がいない。お迎えが遅くなると、夕飯をつくるのも遅くなる。そもそも夕飯つくること自体、ママにとって超負担。
市のサービスで、ファミリーサポート事業があるけど、事前予約制のため「急なお願いごと」は、対応してもらえない。

 

➡︎そもそもの課題や悩みを生み出す根本は
「ライフスタイルに合わない働き方」

 

だったら

 

企業の在り方:
出社なし、終業時間の縛りなし、
休み自由、働く時間&場所も自由◎

自分のライフスタイル(生き方・在り方)に合わせて、
「ルールは自分でつくり、自由に働ける会社」

その名も「NEO企業」←言いたいだけw

 

ビジネス・提供するサービス:
自己実現「〜したい」から始まり、自分もみんなも社会も喜ぶこと。

★この部分は言葉で伝えてもわかりづらいので、今は非公開。
 構想をイメージ化した資料にしてから、説明します。
 

 

WellBeing経営とは違うよ

最近、経営者の間で「ウェルビーイング経営」というものが、広がりつつある。

このウェルビーイング経営は、個人的には「会社軸」で考えられたものだなぁと感じてて、私がWellBeing起業家として実現したい世界とは、ちょっと違う。

 

ウェルビーイング経営は、
働く人の健康面のケアや、働き方の改善をして、
働く人の生産性向上、モチベーションアップをすることで
心と体の健康、幸福度感UP=ウェルビーイングとされています。

 

ー事例ー
・フレキシブルな勤怠制度
・働く人のメンタルケア
・コーチングの導入
・ジムに通える福利厚生の導入
・長時間労働の改善 etc...

 

なんかさ、
めっちゃ会社よりの「幸せ」じゃない?
会社軸で、自分の人生生きているような感覚。
決められた枠の中で、目指し、感じる幸せ。
それは、果たして本当に、個人にとって幸せ?

 

(あくまで個人的な感覚と、好みです。ウェルビーイング経営によって、本当に幸せや満足感を感じられることもあると思います。)


 

私が考えるWellBeingは、
1人1人の生き方、在り方から始まる。

 

どう生きたいか?どう在りたいか?
どんな時に能力を発揮できるか?楽しいか?喜びを感じるか?
 

1人1人が「自分らしく」生きる(=ライフスタイル)があって、
幸せのカタチも、1人1人にある。

 

そう考えてるので、
企業の在り方が変わることで1人1人が、自分らしく自由に生きられる。

「NEO企業」という在り方を考えた。

さらに、NEO企業を立ち上げて、
個人の幸せから、仕事も人生も幸せ・楽しい・豊か。

そんな企業と事業を立ちあげるWellBeing起業家でありたい。

 

なんだか、最後は
ふわっと終わったかんじ。笑

 

最後まで、読んでくれてありがとうございます!

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 67.84 ALIS Article tip 0.00 ALIS
AITABI's icon'
  • AITABI
  • @hasezo
「自分らしく生きる=Well Being 」を軸に、自分軸の見つけ方、自分らしい生き方・働き方・在り方を実現するためのライフスキルをお届け🌞 仕事も人生も、心から自由に、自分らしく生きよう◎

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
ビジネス

Gamestonk!! 〜ゲームストップ株暴騰の背景〜

Like token Tip token
6.02 ALIS
Eye catch
クリプト

いま頑張って働いている人たちへ【仮想通貨】でカンタン貯金UP!~バイナンスの使い方初心者編~

Like token Tip token
8.64 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

イーロンマスク(Elon Musk)とビットコイン(BTC)

Like token Tip token
11.52 ALIS
Eye catch
ビジネス

最低賃金の推移2021。

Like token Tip token
26.94 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Floki Inuトークンを紹介~イーロンマスクにインスパイアされて開発~

Like token Tip token
68.12 ALIS
Eye catch
ビジネス

【最新】Braveブラウザの素晴らしさを語る【オススメ】

Like token Tip token
20.02 ALIS
Eye catch
ビジネス

ブックオフで買ってきてアマゾンで売る仕事の1ヶ月の売り上げ公開

Like token Tip token
182.41 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoinの価値の源泉は、PoWによる電気代ではなくて"競争原理"だった。

Like token Tip token
159.32 ALIS