香港のFansdaqがブロックチェーンを活用したアイドルグッズオークションプラットフォームを始めるそうですよ

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」と日本語で表現されるように、データの記録・保護を主な特性として持っていますよね。

そうした特性が仮想通貨の「価値の保存」を可能にしていますし、食品トレーサビリティ著作権保護といった分野でも注目され、実際のサービスとして実現・普及されつつあります。

今回は、こうした特性を活かしたサービスのひとつとして、グッズオークションプラットフォームを運営するスタートアップの動きが目に止まりましたので、少し書き留めておきたいと思います。


もくじ

・Fansdaqが発行する独自トークンが上場⁉︎

・そもそもFansdaqって?

・ファンエコノミーは上手く回る?


Fansdaqが発行する独自トークンが上場⁉︎

台湾の経済紙「經濟日報」が2019年3月11日に掲載した記事によると、香港に拠点を構えるスタートアップ「Fansdaq(粉絲達克)」が発行する独自トークン「FansGold(粉金)」が、シンガポールの仮想通貨取引所「MBAEX」に上場したということです。

MBAEXは公式ウェブサイトにも、「東南アジア最大のブロックチェーンアセットトレードプラットフォーム(东南亚最大的区块链资产交易平台東南)」とありますように、取引量の大きい取引所として知られていますね。

個性的なトークンがいくつも上場されているようで、以下の記事でも触れましたが、台湾の航空会社「遠東航空」が発行するALLNトークンも上場しています。

記事中、Fansdaqの創業者でCEOの黄維倫さんが「FansGold」の活用方法について、以下のように語っています。

FansGoldの初期流通は、主にFansdaqのアイドル取引所、Fansdaqショップ、Fansdaqムービングキャッスル、Fasdaqホログラムデバイス(FHD)のビジネスエコシステムで活用する
(粉金初期的流通將主要在粉絲達克的明星交易所、粉絲達克商城、粉絲達克移動城堡跟粉絲達克全息智能產品(FANSDAQ Hologram Device - FHD)的產業生態鏈下應用)

将来的には、ゲームや映画、コンサートといった総合的なエンターテインメント産業への活用を目指しているということですが、まずはFansdaqが提供するサービスでの流通を展開していくということですね。


そもそもFansdaqって?

Fansdaqの公式ウェブサイトには、「The first Asian celebrity Stock Exchange(亞洲第一娛樂名人限量週邊競標互聯網)」というキャッチコピーが掲げられています。

この点、もう少し詳しく、以下のような説明が掲げられています。

私たちは、独自の限定アイテムオークションプラットフォームを生み出し、アイドルを応援するファンたちが私たちのプラットフォームを通じて好きなアイテムを購入したり、アイテムへの投資によって、評価と運用を通じた利益獲得を可能にする。
我們創建一個獨特的限量周邊商品競標交易平台,讓喜好明星的粉絲們,透過我們的競標平台購買喜愛的商品,或是進行商品投資,進而經由評估與操作得到獲利。

いわば、アイドルの限定グッズをオークション方式で購入することができるプラットフォームということのようですね。

サービスの概要については、以下のような動画がYoutubeにアップされています。

いわゆる「ファンエコノミー」の確立を目指したプラットフォームであることがイメージできますね。

こうしたサービス確立のためには、実際にアイドルや所属事務所がこのプラットフォームを使うことがポイントになると思います。

この点、公式サイトには、「台湾、中国、香港、韓国のレコード会社やエンターテインメント会社と提携(透過台灣及中國、香港、韓國的唱片娛樂公司及娛樂經紀公司的合作)」していると書かれています。

ただ、「アイテム取引所(商品交易所)」のページを見ると、まだサービスは始まっていないようですね。

サービス開始は2019年ということですから、これからどう展開していくか未知数なところがありますが、協力パートナーには中国の金融決済大手の「銀聯」や台湾の大手携帯キャリア「遠傳」が名を連ねています。

また、中国、台湾、韓国、シンガポールにすでに拠点を開設し、台湾ではリアル店舗の展開も予定しているということです。

技術的には、前段で触れた「遠東航空」のALLNトークンにも採用された、実名制パブリックチェーンを開発しているMAXONROWの技術を活用しているということです。

今回のトークン上場も含めて、これからの展開が期待されているスタートアップと言えるかもしれませんね。


ファンエコノミーは上手く回る?

こうした「アイドル×ファン」を限定商品の売買によってつなぐプラットフォームは、ブロックチェーンの活用例としては特性を活かすサービスとしてありうると思います。

ただ、こうしたファンエコノミーが上手く回るかどうかは、ブロックチェーンの特性以外の要素がいろいろと関わってくるように感じます。

たとえば、上にも述べましたが…

実際にこのプラットフォームにアイドルグッズが提供されるかどうか

そこにファンが食いつくかどうか

あからさまに売買・投資の対象としてアイドル限定グッズを扱うことへのイメージがどうなっていくか

などなど…

まだまだサービス展開はこれからということのようですから、こうしたハードルをどのように越えていくかが、成功の鍵になってくるように思います。

ファンエコノミーのひとつの形として、こうした取り組みが成功するかどうか…これからの動きをコツコツと追いかけていきたいと思います!




公開日:2019/03/12
獲得ALIS:45.75
kaz's icon'
  • kaz
  • @kaz
本職のフィールドである台湾・香港・中国の情報を追いかけています。特に「発展途上」の台湾を中心に、「途上」だからこその面白さを見つけてまとめたいと思います。Twitter: @kazALIS2
コメントする
  • goshuinista
  • 7日前

これALISでもできると思うんです。

返信
コメントする