トラベル

四国旅行4 香川県(金刀比羅宮・父母ヶ浜・椿神社)( 113.とらべるショット)

matol's icon'
  • matol
  • 2022/10/26 02:52

いよいよ3泊4日の四国巡り旅行の最終日です。

Content image

〇〇中学校様と書いてあるから、どこかの中学校の修学旅行の宿泊もあったようです。が、別棟だったのか、会うことはありませんでしたね。

8:15ホテル出発。ホテルにそのまま車を停めさせてもらって、いざ「こんぴらさん」へ。温泉の成り立ちやこの「金刀比羅宮」のhpを観ても分かる通り、なかなか村おこし的なというか、こんぴらさん参りの頃からリレーションされている商売感が満載です。

金刀比羅宮は、香川県 琴平町の象頭山に鎮座する神社です。

御本宮の御祭神は、大物主神と崇徳天皇です。古来から農業・殖産・医薬・海上守護の神として信仰されています。境内では、神様に奉仕する神職・巫女が一年を通して様々な祭典・神事を行っています。

御本宮の金幣、「幸福の黄色いお守り」、例大祭の「お頭人様」、書院(重要文化財)の円山応挙の障壁画、蹴鞠(県無形民俗文化財)、門前町から御本宮までの785段の石段、「こんぴら狗」などが有名です。

石段1,368段目の山中には、金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命をお祭りする厳魂神社(奥社)が鎮座します。

Content image

宿泊した「ことひら温泉琴参閣」

Content image

 

Content image

朝早いので誰も歩いていませんが、まあ、賑やかな看板群です。

Content image

雲がよい感じ^^

Content image
Content image

冨士旅館・たこ寿司 面白い寿司屋さんなのかなと思ったら、うどん屋さんだったようですわ。

Content image
Content image
Content image

こんぴらさん表参道

Content image

敷島館という温泉宿泊施設。良さげだなあ。

Content image

少し雨模様になってきて路面が濡れています。

Content image

とらや旅館 お~この旅館も良いなあ。

Content image

参道階段を上ります。

Content image

 

Content image

 

Content image

月曜の朝早くなので人が居ませんねえ。。

Content image

 

Content image

鳥居が現れました。

Content image

参道階段が続きます。上りますよ~。

Content image

五人百姓」と書かれていますね。
五人百姓」という言葉の意味は、古くから金刀比羅宮に奉仕してきた家筋の軒の飴屋(べっこう飴)さんだけが境内で商売できることから。

Content image

大門(金刀比羅宮の総門)です。水戸光圀の兄である讃岐国高松藩主 松平頼重から寄進されました。

Content image

だいぶ上がってきました。

Content image

大門をくぐります。

Content image

桜馬場

大門から150メートル程続く石畳の道は、桜馬場と呼ばれます。春、爛漫に咲いた桜が道の両側から枝を交えるお花見の名所です。

Content image
Content image

「しあわせさん こんぴらさん」

Content image

 

Content image
Content image

金刀比羅宮 神馬舎

Content image

金刀比羅宮 四脚門(国重文)

Content image

金比羅宮 表書院

Content image

まだまだ上りますよ。

Content image

手の上に載っているのは鳥のヤマガラ。私がこの近くを撮影しているときにスマホを構えたらヤマガラが乗ってきましたよ。驚きました。この方、餌付けされてるんですね。ヤマガラは唯一、芸のできる鳥。ヤマガラについては下記に投稿したことがあります。

Content image
Content image

火雷社 火雷社のご祭神は、鎮火・消防の神さま、疫病を防ぎ止める神さまです。

Content image

 

Content image
Content image

金刀比羅宮 旭社(国重文) 元はお寺の本堂だったそうです。確かにお寺っぽいですね。

御本宮は、石段785段目、海抜251メートルに鎮座します。御本宮の御祭神は、大物主神と崇徳天皇です。古来から農業・殖産・医薬・海上守護の神として仰がれています。

御本宮の社殿の創建については分かっていません。長保3年(1001)、一條天皇が藤原實秋に勅し社殿を改築したことまでは分かっています。その後、元亀4年(1573)の改築、天正年間(1573-1592)の長曽我部元親による再営を経て、万治2年(1659)の讃岐国高松藩主 松平頼重による改築に至り、明治11年(1878)の改築で現在の社殿となりました。

 

Content image

 

Content image

金刀比羅宮 賢木門

Content image

 

Content image

あちこちに神社が点在していて、よく分かりません。

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

まだ上ります。

Content image

事知神社

Content image

金刀比羅宮 着きました~

Content image

御本宮は、石段785段目、海抜251メートルに鎮座します。御本宮の御祭神は、大物主神と崇徳天皇です。古来から農業・殖産・医薬・海上守護の神として仰がれています。

御本宮の社殿の創建については分かっていません。長保3年(1001)、一條天皇が藤原實秋に勅し社殿を改築したことまでは分かっています。その後、元亀4年(1573)の改築、天正年間(1573-1592)の長曽我部元親による再営を経て、万治2年(1659)の讃岐国高松藩主 松平頼重による改築に至り、明治11年(1878)の改築で現在の社殿となりました。

Content image

金刀比羅宮御本宮展望台 眺めがいいですね~

Content image

石段を785段登った本堂の脇からの眺望はなかなかです。特徴的な形をした山は
飯野山と言い別名讃岐富士(標高421.9m)と言われています。なんか惹かれる山だなあ。

Content image

右は神饌殿 

Content image

 

Content image

神楽殿

Content image

なが~い渡り廊下ですわ。

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

金刀比羅宮 とにかく広くてたくさんの境内社が鎮座しています。

Content image

 

Content image

大山祇神社

Content image

高橋由一館では、「日本洋画の開拓者」と称される高橋由一の作品27点を常設展示しています。第19代宮司 琴陵宥常(1840-1892)が高橋由一の画塾を支援するために購入したものです。

 

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡

琴平町象頭山中腹に鎮座する単立神社である。明治初年の神仏分離以前は金毘羅大権現と称し[1]、通称は「讃岐の金毘羅さん(さぬきのこんぴらさん)」[2]で知られる。明治初年以降に神社になってからの当宮の通称は「金比羅さん」である。

真言宗象頭山松尾寺の堂宇の一つとして神仏習合金毘羅大権現を祀り、その別当として寺中の金光院が奉斎した。

明治初年に神仏分離廃仏毀釈が実施されて、金毘羅権現の奉斎は廃止とし大物主を主祭神とする神社となり、神社本庁包括に属する別表神社宗教法人金刀比羅本教の総本部となった[3]全国に約600ある金刀比羅神社、琴平神社あるいは金比羅神社の総本宮である[4]

金刀比羅宮の由緒についてはいくつかの説があり、大物主命が象頭山に行宮を営んだ跡を祭った琴平神社から始まり、中世以降に本地垂迹説により仏教金毘羅と習合して金毘羅大権現と称したとするものである[5]大宝元年十月の晴れ渡った青空から一竿の旗が舞い降りて象頭山に立ったため、この地に宮を建て旗宮と称したとある。別の説として、大宝年間に修験道役小角(神変大菩薩)が象頭山に登った際に天竺毘比羅霊鷲山に住する護法善神金毘羅(クンビーラ)の神験に遭ったのが開山の縁起との伝承から、これが金毘羅大権現になったとする[6]。また別の説として、『生駒記讃陽綱目』の金刀比羅宮の條によれば、延喜式神名帳に名が見える讃岐国官社24社の1とされ讃岐国多度郡[7]の雲気神社[8][9]が金刀比羅宮という記述がある。

江戸時代初期には、金光院院主の宥光が参拝の土産物として○に金の印を入れたうちわを作ることを思いつき、大和国から技術者を招いたといわれる。そして、長宗我部退却後は生駒藩や松平藩から保護され寄進を受け繁栄していった。

江戸時代中期に入ると全国の庶民の間へと信仰は広がった。各地で金毘羅講が組織されて「金毘羅参り」が盛んに行われるようになり、伊勢神宮へのお陰参りに次ぐ庶民の憧れだったといわれる[19]その様子は、浮世絵東海道五十三次の一つである「沼津」や、滑稽本東海道中膝栗毛に描かれている。奉納も多く行われ、奉納された石碑を収めるために本来直線だった参道を曲げたほどであった[20]

金刀比羅宮 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2022年9月5日 (月) 06:11

ってなわけで、やっぱり、なかなかの商売上手な歴史があったんですねー。旅行するようになったのは「伊勢詣で」、「富士詣で」だけでなく「金比羅詣で」もだったのですね。金刀比羅宮の麓に温泉を掘ったり、なかなか商売上手な気質が受け継がれているんじゃないかな。

この参拝ガイド、すごく見易いです。

少し雨が降っていました。体調が今一だったので奥社までは行きませんでした。

 

さて、10時ごろ車に戻り出発。瀬戸内海・父母ヶ浜へ。この浜は、印象的な景観が広がる海水浴場で、広大な潮だまりに夕日が美しく反射することで有名で、撮影スポットとしても注目を集めています。

 

Content image

 

Content image

 

Content image

 

Content image

残念ながら、この日は、あまり面白くない景色でしたが、それでも瀬戸内海の穏やかな海を見ることができました。調べたら、瀬戸内海も潮の満ち引きが結構あるんですねえ。太平洋側と違って穏やかな海だから、さほど潮の満ち引きは無いのかと思っていました。

その後、11時ごろ父母ヶ浜を出発して、12時ごろ別子銅山へ。マイントピア別子で昼食。途中に吊り橋を渡って出入りする民家がありました。国道からわずかに山間に入るだけですごい自然豊か感がありましたね。

Content image

 

Content image

鉱山観光の予定でしたが、帰りの松山空港まで時間はたっぷりあったものの、天気も雨が降り出していて、ちょっと不安がよぎり、松山自動車道で松山市街へ。市内の伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)別名:椿神社へ。

Content image

正面鳥居

Content image

楼門

Content image

勝軍八幡神社

Content image

境内 とても綺麗で清潔な空間でした。

Content image

拝殿

Content image

 

伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)は、愛媛県松山市居相町にある神社。式内社旧社格は県社。神紋は十六弁八重表菊。地元では椿神社、お椿さんとも呼ばれている。

往古、神社の周は海で、津(海の意味)の脇の神社「つわき神社」が時が経るにおいて「つばき神社」に変化したという、また、神社の周りに藪椿を主に各椿が自生していることからも、そのように呼ばれるようになった[1]

社伝では、孝霊天皇の御代に鎮座したとされ、昭和37年(1962年)には御鎮座2250年祭が、平成24年(2012年)には御鎮座2300年祭が行われた。

延喜式神名帳所載の伊豫豆比古命神社(小社)に比定されるが、名神大社の伊豫神社に当てる説もある。ただし、伊豫神社に比定される有力な論社は伊予郡松前町伊予神社である。

江戸時代には松山藩主・久松氏の篤い崇敬を受けた。現在では縁起開運の神として、崇敬者は全国に広がるという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2021年3月14日 (日) 15:05 

15時半ごろ無事にクルマを返し(同時期に借りた他の方が事故ったらしい)、松山空港へ。早すぎる(笑) まあ、ギリギリよりは良いか。

Content image

 

Content image

 

Content image

頼まれていたお土産を調達して、空港内の「かどや」さんで飲食してゆったり過ごせました。

Content image

 

Content image

帰りもトラブルなく無事に帰宅しました。ちゃんちゃん^^

2022年5月30日(月) ANA 59885 松山(19:30) - 東京(羽田)(21:00)

いや~、濃密な旅行でございました。予定していた四万十に行けなかったのは残念でした。美味しい讃岐うどんも食べられなかったなー。まあ、無事に帰って来られたのでめでたしめでたしということで^^(終)

++++++++++archives++++++++++
★「旅行記」
今まで行った旅行記のまとめです。

+++++現在進行中のシリーズ投稿の分類一覧 by matol+++++
「HUAWEI P30 Pro」スマホHUAWEI P30 Proで撮った投稿まとめ
「神社参拝リスト」参拝した神社の投稿まとめ
「還暦過ぎのオヤジのつぶやき」日々のつぶやきのまとめ
「ウミウシ」いままで出逢ったウミウシの紹介投稿まとめ
「鳥(トリ)」 いままで出逢った鳥(トリ)の紹介投稿まとめ
「植物探訪」いままで出逢った「植物」の紹介投稿まとめ
「古物たちのお勉強」の紹介投稿まとめ
「旅行記」今まで行った旅行記のまとめ
「古物商に関するあれこれ」~まとめです
「神社の基本知識をご紹介」「神社」に関して掘り下げて投稿
[ネコの住むビトにゃん村] x[ALiS経済圏]/私的構想 私的な構想の妄想まとめ

Supporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile icon
Article tip 4人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 162.68 ALIS Article tip 34.30 ALIS
matol's icon'
  • matol
  • @matol
宜しくお願いします。プロフィール写真は「クリヤイロウミウシ」です^^ 生物全般、神社参拝、旅行など投稿いたします。

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
トラベル

京都宇治田原・正寿院の風鈴の音とともに夏が来た

Like token Tip token
132.25 ALIS
Eye catch
トラベル

なんもない!すばらしい!天塩温泉から稚内へ

Like token Tip token
10.57 ALIS
Eye catch
トラベル

Travel Work In Enoshima

Like token Tip token
2.20 ALIS
Eye catch
トラベル

大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)~参道~下社風景#202-1

Like token Tip token
57.10 ALIS
Eye catch
トラベル

長谷寺、見どころ多い!安倍文殊院にはユーモラスな仏像あり。

Like token Tip token
9.67 ALIS
Eye catch
トラベル

京都・南禅寺の最奥部は知られざる聖域だった 南禅寺奥之院 後編

Like token Tip token
297.73 ALIS
Eye catch
トラベル

小石の天然ミュージアム~前白根山~

Like token Tip token
11.30 ALIS
Eye catch
トラベル

ルーマニア出国時にオーバーステイで拘束(現在003)

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
トラベル

大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)~シカ遭遇・龍が睨む二重の瀧#202-3

Like token Tip token
5.20 ALIS
Eye catch
トラベル

コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット

Like token Tip token
105.50 ALIS
Eye catch
トラベル

リッツカールトン東京に泊まってみた。【絶対2泊すべき3つの理由】

Like token Tip token
68.10 ALIS
Eye catch
トラベル

COVID-19が収束したら旅行に行こう!旅行が与える経済効果とおすすめの観光地!!!

Like token Tip token
62.00 ALIS