【小説】仮想通貨な世界 プロローグ


プロローグ

2030年、日本は東京オリンピックを終えて以降、

ゆるやかに、それはそれはゆるやかに

景気は下降線をたどっていた。

景気が悪くなった理由を各分野の自称プロフェッショナル達が、

やれ

「観光事業が低調だからだ」

と言えば、

「いや、金融政策が悪いからだ」

と他の専門家がしたり顔で反論する。

メディアでこのような討論番組をよく見かけるが、

ほんとは皆、心の中で原因が分かっていた。

「今までの政策が、もう噛み合なくなってきている。」

人口ボリュームがあった世代が定年を迎え、

労働人口がますます減っていく現状。

終身雇用制度が今の日本とかみ合わなくなっている問題。


さまざまな問題が日本政府と国民に襲い掛かっていた。

またその流れと並行するように、

仮想通貨などの電子決済のサービスが目覚ましく普及していった。

その影響力は凄まじく、すでに政府が目をつむることが出来ない程、

日常生活に入り込んできていた。


例えば、さまざまなサービスが仮想通貨で決済できるようになっていた。

バイト代や給料ですら、

日本円でなく仮想通貨で払うのが主流になってきている始末。

その結果、日本円がなくても生活出来てしまう。

それは、労働意欲の衰退に直結させていた。


このままではいけない、とうとう日本政府は重い腰をあげた。

そして、2032年、「評価経済決済法」が制定されることになる。

この政策は、今までの終身雇用制度や日本円の概念からまるで異なる政策であるため、

賛否両論を呼んだ。

「第一条. 日本円を使用せずとも電子通貨決済で豊かな暮らしができるよう、各々個人にトークンを支給する

「第二条. 日本円ではなく、各個人名のトークンで、すべての物品やサービスを享受できるものとする」

「第三条. 各個人名のトークンの価値は、政府規定の基登録した、3つの分野によるものとする。また、評価に関する基準は世間に与える影響力などさまざまな評価基準から決定される」

これまでの生活とは、まるでベクトルの違う政策に波紋はすぐさま広がった。

「日本円はどうなるのか?」

「評価の基準を明確にしろ!!」

国会議事堂の前では大衆の怒号が、連日響いていた。

大人たちが必死に怒号を上げる一方で、若者たちはこの政策を非常にすんなりと受け入れていた。

「日本円なんかふりーでしょ」

尾上涼太もその若者の中の一人だった。

この物語は、完全に仮想通貨決済になり日本円が不要になった世界。

評価経済、loT化が導く未来のカタチを青春を謳歌しながらも力強く歩んでいく

尾上涼太(18歳)のお話です。


一話はこちらから!


公開日:2018/05/22
獲得トークン:8.82
とけい's icon'
  • とけい
  • @nonbiritokei
Voenistaのとけいです。評価経済に関する小説「仮想通貨な世界」も現在連載中です。物書きです。
コメントする
コメントする