フクロウの記事が削除されたので追悼がてら代わりに思い出して書きます

追悼 フクロウ・セゲレイテッドウィットナス

フクロウさんの記事が、善意のALISerのみなさんの通報によって吊るされ削除されました。とてもよい記事でした。悲しいことです。民意が、民意が暴走しています。ALISはフクロウを失いました。

複数人の通報によってノールック記事削除が可能ということは、ムカつくやつの記事には徒党を組んで削除させることが可能ということです。

インターネットは小学校の学級会で吊るされた社会不適合陰キャの最後の楽園だと思ってましたか?ざんねーん!まちがいです。ALISの運営の顔見てみろよォ!!!!リクあがりの陽キャばっかじゃねえか!!!信じてやがんだよォ!!!多数決の正義ってやつをよォ!!!!!!!!人間と人間がお手手つないでわかり合えると思ってやがるからゆっるいレギュレーションで遊ばせるんだろォ!?!??


うろおぼえですが、消えた記事の代わりにわたしがフクロウの半生を書きます


無事復活したっぽいですが、フクロウのこちらの記事をうろおぼえでリミックスしたものになります。

フクロウ。昼間は高島屋デパートの美容部員として真の美を追求しつつ、夜は探偵をやっていた。ひと口に探偵といってもたくさんのバーティカルに分かれている。ビューティ探偵、アフィリエイト探偵、レディコミ探偵、そして暗号通貨探偵。フクロウ。まだ組織に属していた時はアフィリエイト探偵を名乗っていた。

アフィリエイト探偵の仕事は単純そのもの。インターネット上に無数に溢れているアフィリエイト広告、それをクリックするとふところに報酬が入る。フクロウが稼業をはじめてすぐの頃は、ワンクリックわずか0.1円、プレゼンスをあげるにつれ、徐々に単価が増えていった。すべては順調。しかし足りなかった。

フクロウの欲求は底なしだった。ある日フクロウは、思い立って奴隷を雇うことにした。奴隷求人サイトで目に留まった自分と同い年の華奢な奴隷。フクロウは42歳になるまで神様だの天国だの、清廉で取り澄ましたものが好きではなかった。

「何でもします、あなたの望むことならば」

バナーに書かれたキャッチには幾分も心を動かされなかったが、いくつかのクリックと規約への同意を経て契約を済ませた後のフクロウの頭の中で、そのフレーズは何度も何度も繰り返された。

「何でもします、あなたの望むことならば」

フクロウは42歳になるまで神様だの天国だの、清廉で取り澄ましたものが好きではなかったが、自分が地獄から生まれたことについては考えたことがなかった。

クリック奴隷を幾人も増やし、探偵稼業での”収入”は雪だるま式に増えていった。その裏で、美容部員である顔を捨てることもなかった。いつものように、クラランスの新作美容液をチェックする傍ら、奴隷たちの稼働率を監視する。毎日が退屈で、雪だるま式にキャッシュフローが肥えていく。それはいつしか1人の人間の”稼業”を超えて、まるでそれ自体が意思を持つ”事業”のようだとフクロウは感じていた。

”帝国”の崩壊はフクロウの監視の網目をすり抜け、足音もなく訪れた。口火を切ったのは最初の奴隷。脳に繋いだコンソールを引きちぎり、年季の入ったマウスを放り投げ、とろんとした目、雇い主、探偵、男、フクロウに訴えた。

断片的な奴隷の悲鳴を繋ぎ合わせると、おそらくこんなことを言っていた。

--

奴隷契約を切りたい、これからは時間を金に換えるんじゃない、自分の記事を評価してもらう、革新的なアルゴリズム、広告モデルは終わりを迎える、良質な記事を推薦、信頼できる記事を抜粋、自分で商品を作る、トークンエコノミー、トークンエコノミー?不労所得、資金調達、まだ探偵稼業で消耗している?まったく新しいソーシャルメディア。ステルスマーケティングの排除。

--

近頃ネット上で溢れている、脱サラリーマンを謳ったポジショントークだと思った。奴隷ネットワークのエッジに繋いでいたファイアウォールをすり抜けて、奴隷の脳に感染したらしい。フクロウは奴隷のフィジカルスイッチを切ったあと、ネットワークから隔離すべく、さっきまで奴隷に繋がっていたコンソールを覗き込んだ。最期にブラウザに表示されていたのは、アクセスを許可していないはずのドメイン。alis.to。

フクロウは42歳になるまで神様だの天国だの、清廉で取り澄ましたものが好きではなかったが、自分が地獄から生まれたことについては考えたことがなかった。


公開日:2018/05/02
獲得ALIS:38.16
ripplechan's icon'
  • ripplechan
  • @ripplechan
ザあgjkrgハ
コメントする
コメントする