トラベル

初めての伊豆大島③スマホが・・・ない?!

shum's icon'
  • shum
  • 2024/01/31 05:18

長く続く下り道、友人が先に走っていた。

前方で、ドン!って音がした。

下りきって右に曲がったら、友人がいた。

下りでスピード出し過ぎて、右に曲がり切れず、ガードレールにつっこんでふっとぶところだったと。

なんとかハンドル切ろうとしたから、正面衝突はせず、身体の左側がガードレールにぶつかった。

左のふとももがガードレールにぶつかって防御してくれたのか、

タイツの太もものところに小さな穴が出来たのと、スタジャンの下の方のボタンが傷ついただけで済んだ。

新品のスタジャンなのに、ボタンに傷が!と嘆いていたが・・・

ボタンに傷くらいつくよ。使ってたら・・・。

大惨事にならず、それだけで済んだから、不幸中の幸い、ついてた、、、、と友人はしきりに言っていた。

 

しばらく走って、道を曲がった時、この道であってるか確認しよう、と、自転車をいったん停めた。

ちょっとマップ確認してと、友人に言った。

友人がスマホを出そうとして

「・・・・スマホがない」

え?

バッグの中では?

いや、ポケット(上着の)に入れたから・・・

どっかに紛れてるのでは?

ポケットに入れたから・・・ない、どうしよ

 

落としたとしたら、さっきの事故の場所だ。

戻ろう。

道路、車通ってるからなー・・・轢かれてるかも・・・

ガラスバリバリの無残な姿が想像できた。

 

岩国の時に続き、また旅先でスマホ破損か・・・

戻ってみたら、道路にはスマホは落ちてない。

ぶつかったガードレールの周辺を探すと、ガードレールの向こう側の土のところに

スマホがぽさっと落ちていた。

あーーーーよかったぁ~~~

 

とはいえ、すっかりしょぼくれた友人。

 

帰り道、行に通り過ぎてしまった砂の浜の入り口は本当に目立たなかった。

Content image

友人はぶつけた自転車のことが気になっていた。

Content image

自分の使っている方も最初から籠が歪んでいたし、こんなところだから、自転車倒したり、事故るひとは少なくないと思う。と言いつつ、友人の方の自転車見たら、確かに籠が、最初より歪んでいた。前輪のタイヤカバーのあたりも気になった。

しかしそれにも増して気になっていたのは、時間である。

午後3時45分の送迎バスのために、遅くても、3時半には戻っていようとしていたのに、なんか、やばそう・・・

もう残り時間を見ないように、必死に帰り道急いだ。

坂をいくつも上り下り。自転車、なんか、妙にスピードでないのはなぜ!?

まだあるのかっていうくらいに坂を上り下りして、やっと町の方に近づいてきた。

友人があと何分?と聞いてきたがそれを確認しているのも勿体ないので、

うーーん、もう少し、、、と、必死に自転車漕ぐw

町に入っていく道、どっちだっけ、調べてる暇ないから、、、こっちだよなあと思いながら進んで、なんとかレンタサイクル屋が見えるあたりに来た時、

ホテルの送迎バスが、目の前を通り過ぎて、集合場所に向かって行った。

レンタサイクル屋に大急ぎで向かうと、

店のおじさんが、目を真ん丸にして、「心配してたよ、間に合わないかと!」と言う。他の自転車の手入れをしていて、拭いていたので、うわ、友人が借りた自転車の損傷、すぐ気づかれるな、と思った。

リレーのバトンのように自転車を渡すと、先に自転車を渡した友人に、「あ、先に行って!」と、バスの方へ行くように、おじさんが行った。

自分が自転車を置いて、先にもらっていた連絡用のカードを慌てて返して、

ほんとぎりぎりになってしまいました!ありがとうございました~~と言って、

友人を追った。

バスには駆け込み乗車状態。

既に席はほぼ埋まっていた。

薄暗い色の服の色、なんか薄暗い感じの乗車客たち・・・

夕方になりかかった山道を、バスがくねくねと登っていく。

結構乗った感じがした。

後ろの席の、父と息子みたいな乗車客の父の方が、しょっちゅう、タバコ吸いすぎか?みたいな咳をする。

 

三原山の中腹にある、大島温泉ホテルに着いた。

周りは薄暗くなりかけていたが、まだ16時過ぎなので、少し歩きたいと思い、ハイキングルートについてフロントで聞いたら、

登山口まで1時間、お鉢巡り50分という。

つまり3時間必要。

夕飯は18時半。

周り、17時半には真っ暗になると言う。

明日は明日で、またバスの問題あるし、今ちょっと歩いてみるか、、、と少しだけ散歩することにした。

Content image

椿の木に覆われた小道を抜けると、見通しが良くなり

Content image

そこら中、溶岩。・・・固まって冷えてるのも溶岩でいいのかね?

Content image

振り向くと、出発したホテルが見える。中央より少し右の奥。

Content image

風も強い。

荒涼としていて、異国のどこかのよう、というか。

Content image

結構見飽きない。

もうすぐ登山口くらいだったと思うが、暗くなるとまずいので引き返した。

Content image

ホテル近くに来る頃にはかなり暗くなっていた。

温泉に少しだけ入ってから、夕食会場に行った。鉄板焼きのメニューだったが、ついていた煮魚や小鉢など色々、どれもなんだか味が濃かった。伊豆大島の食事は全体的に味付け濃いのかなあ。

Content image

海の精の工場があちこちにあって、お土産としても海の精の商品は人気。

食事の後しばらくしてから、温泉に入ったが、露天風呂、風滅茶強い。

あっという間に髪の毛だけ冷風ドライヤーで冷え冷えにされた感じになる。

が、源泉かけ流しのお湯はとても気持ちよく、お湯が出てるところは熱熱なのに、風ですぐ冷めるみたいだった。

風が強くて雲が動いていたので、星が見えたり見えなかったりしたが、星が見えているときは、それこそ満点の空である。

星屑降り注ぐ下の露天風呂。飽きずに長湯した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Supporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile icon Supporters link icon
Article tip 10人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 828.29 ALIS Article tip 150.50 ALIS
shum's icon'
  • shum
  • @shum
特に旅が好きです。好きな言葉は、「塞翁が馬」。香りと空気の流れ重視。どうぞよろしく。https://twitter.com/windreamoon

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
トラベル

コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット

Like token Tip token
105.50 ALIS
Eye catch
トラベル

「もののけ姫」着想の地であり魑魅魍魎の最後の砦 知られざる京都洛北・志明院へ

Like token Tip token
6.00 ALIS
Eye catch
トラベル

【朝散歩】湯島天満宮

Like token Tip token
4.47 ALIS
Eye catch
トラベル

COVID-19が収束したら旅行に行こう!旅行が与える経済効果とおすすめの観光地!!!

Like token Tip token
62.00 ALIS
Eye catch
トラベル

なんもない!すばらしい!天塩温泉から稚内へ

Like token Tip token
10.57 ALIS
Eye catch
トラベル

京都宇治田原・正寿院の風鈴の音とともに夏が来た

Like token Tip token
132.25 ALIS
Eye catch
トラベル

大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)~シカ遭遇・龍が睨む二重の瀧#202-3

Like token Tip token
5.20 ALIS
Eye catch
トラベル

Travel Work In Enoshima

Like token Tip token
2.20 ALIS
Eye catch
トラベル

長谷寺、見どころ多い!安倍文殊院にはユーモラスな仏像あり。

Like token Tip token
9.67 ALIS
Eye catch
トラベル

リッツカールトン東京に泊まってみた。【絶対2泊すべき3つの理由】

Like token Tip token
68.10 ALIS
Eye catch
トラベル

京都大原・三千院の桜からシャクナゲへ替わる季節に

Like token Tip token
138.61 ALIS
Eye catch
トラベル

小石の天然ミュージアム~前白根山~

Like token Tip token
11.30 ALIS