流れるふわふわの苔のじゅうたん。祇王寺

前記事の続きです。

さて、今回の京都旅の一番の目的は・・・・気づいていただけましたでしょうか。

 

気づくわけないか。

そろそろ気づいてくれる人が少なくともひとり、いるはず。

Content image

次に向かいましたのは、祇王寺です!!

そこを知ったきっかけは、こすもすさんの記事で

こすもすさんが大好きなお寺だとか、何度も訪れているとか書かれていたので、これは相当良いに違いないと。

京都に行く機会あったら行きたいリストに入れようと思ったのだった。

Content image

小さな入り口の屋根の上にもっさり乗った苔。入ってすぐ、かわいらしい!と思う、飾り付けもあり、よそと違う個性感じる。

Content image

すぐ目に入るのは、広がる緑の苔庭なのだが、

Content image

さて、これは、どう撮ったら、伝わるのか!

Content image

切り取りどころがめちゃくちゃ難しい!!

では、お手本を見てみてください。

こすもすさんの記事に、祇王寺についても説明があるので、

そうだよ、もうちょっと下から撮ればよかった。苔庭。

こすもすさんの記事にあるように、ここで縁結びの祈願には向いてないのではと思った。

なぜなら、縁切りエピソードのある寺だし(心変わりしたうえで自分のことを好きになった男なんて信用ならない、ひどい男!っていう見方も、なかなか厳しい。まあ、浮気する男はさらにまた浮気しそうってのはあるが。他捨てて好きになったのに、逃げられるなんてねぇ、ものにした女に・・・←独り言)。

しかも、絵馬(こすもすさんの記事に写真あり)かかってるところをちらっと見たら、

「~と縁が切れますように」「~に付きまとわれる恐怖が終わりますように」などといった、ほんと縁切り祈願文句が!

 

んーー。別れのあとには、いい出会いがくるはず。

ほんとか?ほんとかどうかは言えなくても、

まず、ぱんぱんの押し入れを空にしないと次のものは入れられない、

いらないものは処分しないと、新しいものは入ってこない。

そういう意味で、縁切ることは、次の縁結びへとつながりますね、確かに。

人に限らず。

Content image

自分が行ったのは、苔が元気な季節ではなく、冬に向かう前なのだが、上を見上げると枝葉がきれいで!この覆いかぶさるような緑のおかげで、美しい苔が育つわけだな。

Content image

上見て、下見ると、全体緑に包まれている気分になってくる。

苔庭の苔は流れる、ふかふかのじゅうたんみたい!

さわさわ流れる草原のようでもあり、見れば見るほど、わくわくしてくる不思議。

Content image

青い紅葉もいっぱい。もみじのかたちが星のよう。こんな星だらけってないから、星飾りだな。

Content image

小さな庭の周りなのに、竹もさわさわと伸びていて、緑のうねり感がすごい。

いろいろ混ざり合ってるから、手入れも大変だよw

寺の周り全体が計算されたアート?!

Content image

お寺の建物に近いところに、苔が紹介されていた。これまたかわいらしい。

Content image

器も、植え方も。後ろに見える瓦を重ねたテーブル足も・・・この寺らしさ。

Content image

色んな苔で、じゅうたんみたいに織ってる、庭。

Content image

植木の花に止まっている蝶は、全く飛び立たなくて、写真撮られ放題。

この蝶が好きな植物らしい。

 

綺麗でかわいらしい和菓子のような、小さくてきれいで、瑞々しく・・・可憐って程派手でもない、繊細って程気取りもない、良い感じに、可愛らしい、小宇宙。

小汚い爺さんと真逆って感じの寺ですね。

行ってみることができて良かった!!って思った。

 

こすもすさんの記事に感謝です!

・・・こすもすさんみたいに綺麗に苔の写真撮れませんでしたw

 

(続く)

 

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2021/02/25 134.91 ALIS 18.13 ALIS
shum's icon'
  • shum
  • @shum
特に旅が好きです。好きな言葉は、「塞翁が馬」。香りと空気の流れ重視。どうぞよろしく。https://twitter.com/windreamoon
コメントする
コメントする