東山で目に映ったもの③東山からの散歩

スマホ編の続きです(またボケてるのあるってことです。)。

いきなりですが、これは、泊った宿 元奈古の階段。

元奈古については、前記事にも書いているが、さて、ここの宿について検索してみると、似たような文章しか出てこない。

自分の率直な感想は、もともと、どういう風に人が暮らしていたのかなと思うような、古いけれど手入れの届いた和風の建物で、私が行った時には、お風呂も檜のお風呂でお湯が気持ちよく流れ込み、タオルもシーツも肌触りよく、料理も手が込んでいて見ても綺麗、丁寧さと質の良さを感じられる料理、周りも散策するのにいい場所で、申し分なかった。

京都でまともに泊ったのは初めてだが、京都気分をさらに盛り上げてくれる宿だった。

外国人の客が連泊多いとか、背の高い外国人だと、布団を重ねて工夫したりするとも言っていた。日本文化好きな外国人ならたまらないだろうな。気遣いも。

これは二階の廊下であり、左右が客室。

つまり、声がとっても聞こえる。それもまた、いい思い出。

近い部屋から聞こえてきたのは、中国語で、大人の家族旅行のようだった。

東山に二泊したが、二泊で多いってことはなく、東山界隈を見るだけでも足りなかった。

紅葉前で比較的すいていたのは最高に清々しくて良かった。

東福寺に行く時に、東福寺駅から歩いていた時に目に入ったお店。

招きまくってる。

その日は、東福寺を見てから泉涌寺をちょこっと覗いて、先に雲龍院を見て戻ったら、

泉涌寺はもう閉まってた。

いくつかゆっくり拝観したいなら、ほんと余裕を持って行かないと・・・

途中でも気になる処に寄り道したりしちゃうし。

 

京都では、喫茶店も雰囲気ある処あるから、喫茶店巡りなどもできるだろうけれど、

京都に行くたびに、一つだけとしてみるのもいいかもしれない。

印象に残るから。

以前行ったのは、六曜社。マッチの箱がかわいかったのだった。

よくよく考えてみると、東京にもありそうな店だったが、京都の空気の中にあると、また違うんだよね。

今回は、フランソア喫茶室

東山ではなく河原町だが。

夜ご飯の後で行ったのが、ちょうどお客が引けてきた時間帯だったのか、混んでなかった。入り口付近のテーブルは埋まっていたが、奥はちょうどグループ客が帰ったので、広々としていた。

夕飯たっぷり食べた後で、とてもケーキは食べれない・・・

それに、ケーキセットも結構な額だった気がする。

それでもほとんどの客が、ケーキセットを頼んでいた。

雰囲気を味わいつつ飲み物だけいただき(正直言って、味は印象的ではなかった。普通の珈琲じゃないとだめかね、こういう時は)、店内眺めまわしていた。

この中、確かに、時が止まっている感じ、ある。

レトロ喫茶店は色んな所にあるけれど、汚っぽいところも結構あるが、ここは、綺麗にしているし、わざとらしすぎることもなかった。

ゆっくりしたくなるが、混んでるときはそういうことも難しいのかな。

日本だと、人気となると、わんさか人が集まってきちゃうから、せっかくのカフェでも、好きなだけ過ごすことはしずらいことが多い。

外に余計なものがないし、注意書きはあるものの、中も見えないのがまた、この喫茶室の雰囲気をしっかり保たせているのかも。

上手く周りも撮れないだろうけれど、と思いつつ、お店の看板の写真を撮った。

 

二泊した翌朝。

三日目は、知恩院にまず行くことにしたのだった。

以前に自分が知恩院に行った後、修理期間に入ったはずだったので、今回は見えるかなと。

知恩院の庭の写真も撮ったのだが、天気薄曇りで、以前に、撮ったときと、違う場所かと思うくらい、写真写りが違っていた。

葉にそそぐ光と、影ができるくらいの陽射しがあるのと、薄曇りでは、映り方がまるで違う。晴れ過ぎていても、良くなくて、曇りの方がいいという場合もあるが、

京都のような風景のグラデーション美しいところは、やはり光が欲しい。

お昼に、京都らしいものをと思い、いもぼうを食べに行ったのだが、近所に2軒あり、どっちが本家か分かりにくい。

食べログなど見ても混乱するばかりだったので、適当にこっちかなと思う方に行った。仲たがいしている兄弟店みたい感じだった。

いもぼう 平野家本家 と、いもぼう 平野家本店・・・ややこしい・・・

いもの煮物の料理なのだが、季節のタイミング悪いと、芋の種類が、海老芋でなくてただの芋(里芋?)になってしまう。

店内自体も変わってた。

・・・料理の写真、撮るの忘れた・・・というか、京都で、なんと全く、料理の写真撮ってなかった・・・(そもそも料理の写真を撮らない方だった。食べることに集中し過ぎて。)

 

昼食後に、青蓮院に行った。もともとおみくじ好きで、好きだから、一年に一回だけとか、ワンシーズンに一回だけとか調整して(苦笑)いたが、

青蓮院で思いっきり凶を引いた。

大吉続きで調子に乗ってたりしてたのが、思いっきり凶で、しかも、ここの凶は容赦ない。

文面も救いようがない感じの、凶。

凶引くのってそれも珍しいんだよ~なんてフォロー無理。

おかげで、この日をもって、おみくじ引かなくなった。

おみくじに思った以上に一喜一憂すると知って、そういう自分があほらしく思えてしまったため。

それ以降おみくじ一度も引いていない。

おみくじ引いた後。青蓮院近くの木をなんとなく撮った。

そのあと、近くの粟田神社に寄る。

粟田神社は旅行安全の神社でもあり、旅立守護守りがあった。

鍛冶神社も参道にあるため、刀剣の飾りのついたお守りもあり、人気みたい。

 

粟田神社を見て、東山めぐりは終わりに。

東山だけでも二日かかった。それも十分でなかった。

季節でも変わり、月日でも変わる。

京都をじっくり見るために、何回でも行けそうだなと感じた。

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/10/01 11.11 ALIS 4.30 ALIS
shum's icon'
  • shum
  • @shum
特に旅が好きです。好きな言葉は、「塞翁が馬」。香りと空気の流れ重視。どうぞよろしく。https://twitter.com/windreamoon
コメントする
コメントする