ERC20 Token Generator で暗号資産をつくる

 

Content image

 

ERC20トークンは、プログラミングをしなくても作る事ができます。今回はそのことについて紹介します。
ここでは、ウォレットはMETAMASKを使いますので、導入の仕方は他の記事を参照してください。(こちら)
また、この記事においてはテストネットを使っていますので、テストネットでトークンの発行を試したい方はテスト用イーサを以下のサイトから手に入れておいてください。
https://faucet.metamask.io/

 

① 以下のサイトにいってください。

https://vittominacori.github.io/erc20-generator/

 

② 使うネットワークを選んでください。

Content image

ここでは、Ropstenテストネットをつかうことにします。

Content image

 

③ トークンの名前とティッカーシンボル、総供給量、初期供給量を入力してください。

token Name
トークンの名前
自分の好きなトークンの名前を英語で書くこと

 

token Symbol
トークンのティッカーシンボル
自分でつけたトークンの短縮表記を書きます。(例. YTN)

 

Total Supply

トークンの総発行量(例. 2000)
自分の発行したい枚数を半角数字で書くこと

 

Initial Supply
トークンの初期発行量(例. 2000)
自分の発行したい枚数を半角数字で書くこと

Content image

 

④ トランザクションを生成する

以上を入力したら、「Create Token」と書かれているところをクリックしてください。

Content image

すると、以下の画面になります。

Content image

ここで、画面右上にある狐のアイコンをクリックしてください。

すると、以下の画面が出ます。出たら、確認と書かれているボタンをクリックしてください。

Content image

すると、数分後、以下の画面になります。

Content image

これで自作の暗号資産の完成です。
ここで、Your Tokenと書かれている項目に書いているアドレスをコピーしてください。このアドレスをトークンコンタラクトアドレスといいます。

 

次に、METAMASKを起動し、赤い四角で囲んだ部分をクリックしてください。

Content image

 

すると、以下のようになります。

Content image

「トークンを追加」をクリックします。

Content image

 

①カスタムトークンと書かれている所をクリックします。
②トークンコンタラクトアドレスを貼り付ける

そうすると、トークンシンボルと小数点数が自動的に追加されます。
そしたら、「次へ」をクリックしてください。

そうしたら「トークン を追加」をクリックすると、追加完了になります。

 

送信の仕方について

Content image

「送信」をクリックすると、トークンを送信できます。

ここで送信先のアドレスを入力してください。

Content image

そしたら、送金したい金額と送金手数料を設定できます。
設定したら、「次へ」をクリックしてください。

Content image

そしたら「確認」をクリックして、送金が完了です。

このようにして、ERC20トークンを簡単に作ることができます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/05/16 22.54 ALIS 2.20 ALIS
YUTO's icon'
  • YUTO
  • @yutomanz
このブログでいろいろなことを書きたいと思います。
コメントする
コメントする