京都東福寺塔頭・光明院の誰もいない初夏のお庭

有名な京都・東福寺の塔頭のひとつに光明院があります。

ここ光明院はお庭が素敵なのですが、それもあまり知られておらず、静かにゆったりと拝観することができます。
ちょっとした穴場的な存在です。

光明院は紅葉が有名で、昨年秋に訪ねています。

今回は、初夏に訪ねてみました。

 

光明院

東福寺から歩いて数分。住宅地の中にひっそりと光明院はあります。
青空はもう夏。

それにしても、拝観者が誰もいないような…。静かです。

中に入りましょう。

 

入り口は無人
なんと、竹筒に志納料の300円を入れるようになっていました。

紅葉の季節には係の方がいたのですが、今は参拝者が少ないのでしょうね。

300円を入れて、上がらせていただきます。

 

花が一輪。桔梗でしょうか。
その向こうにお庭が見えます。

それにしても、誰もいない…。
一組の参拝者がおられましたが、僕と入れ替わりに帰っていかれたようです。

では、お庭を拝見しましょう。

 

波心庭

光明院「波心庭」。 
昭和の作庭家・重森三玲の作です。 

苔の間に白砂が川のように流れる枯山水庭園ですね。
その後ろには、鮮やかな緑が立ち上がるように立体的に配置されています。
 

光明院は「苔の虹寺」とも称されています。
でも、この時期の苔は茶色ですね。これが秋には美しい緑になっています。

 

丸窓から見るお庭が名物
これもまた印象深いです。
茶色の苔が新緑とは違ったいい味を出しています。

これが秋にかかると…。

東福寺通天橋の紅葉とひそやかな光明院の庭園 京都御朱印散歩

苔まで緑ですね。
さらに紅葉が進むと、上の葉が紅葉します。
そして冬になり雪が積もると、一面が白い中に岩の黒さが目立つ。

こんなふうに、季節を通して見せてくれる色が大きく違ってきます。
そんなところがこのお庭の魅力です。

 

強い日差しを浴びて、お庭には桔梗が元気そうに咲き始めていました。

 

誰もいないので、日差しが当たったお庭をゆっくりと眺めます。

さて、暑くなってきたのでそろそろ帰りましょうか。

今回は誰もいなかったので、お寺を一人占めできました。
同じ場所を四季おりおりに訪ねてみるのも新しい発見があって、素敵なものです。

 

Camera: PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & PENTAX 50-200mm F4-5.6

 

よろしければ他の記事もご覧くださいね。   

Cosmosのトラベル記事 
Twitter: @cosmoscx

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/07/10 55.94 ALIS 11.70 ALIS
こすもす's icon'
  • こすもす
  • @Cosmos
京都・大阪で暮らし働いています / ALIS認定アンバサダー / Twitter: @cosmoscx / g.o.a.tブログ https://cosmos.goat.me
コメントする
  • 粥郎(kayuro)@日本一周ブログ
  • 6日前

京都の赴きのあるお寺において「無人」というのは、
少しワガママですがとてもいい環境ですよね。

自分も京都の旅が楽しみです。◎

返信
  • クー
  • 7日前

お庭が綺麗😆

返信
  • やねうらTV
  • 7日前

窓からの景色が最高です❗️(*>∇<)ノ💞

返信
コメントする