DeFiでよく出るガス代って何よ?ちょこっと調べてみました

Content image

 

以前DeFiについて少し調べてわかりやすく解説をした「DeFiとは何か?ちょこっとだけ調べてみました」を執筆しました。

そこに関連して、DeFiでよくガス代という言葉が使われるのですが、なんとなく手数料の事だとは思っていますが、きちんと理解をしておかないといけないと思い調べてみました。

今回はDeFiでよく出てくるガス代についてわかりやすく紹介をしていきます。

 

DeFiでよく出るガス代とは

DeFiでよく聞くガス代とは、イーサリアム(ETH)の取引手数料のようなものとなります。

イーサリアムブロックチェーンは資源であるらしく、無料にしてしまうとプログラムが永遠に走り続けて永続的なスパム攻撃にさらされたりするため、手数料を設定しているようです。

ガス代はガスの量×ガスの価格(単価)によってきまり、複雑なサービスの場合にはガス代が高くなる傾向にあります。

そのため少額のイールドファーミングを行う場合には、利回りよりもガス代の方が高くなってしまう事があるようですね。

ちなみにイードルファーミングは、DeFiのサービスで仮想通貨を貸し出すことみたいです。

 

ガス代をよく目にするようになったのは、ガス代が高騰したせい

DeFiが今年の夏ごろに盛り上がったおかげか、イーサリムの取引が増え、同時にガス代が高騰をしたようです。

9月にはガス代が11ドル近くまで上昇し、これは0.01ETHを送金する場合には10ドルの手数料が掛かってしまうことになります。まあ日本円にすると大体1,000円くらい。

そして0.01ETHは大体390円くらいなので赤字ですね。

ちなみに現在のガス代は下がっているようですが、0.023ETHで5ドルくらいだとか、

0.01ETHなら2.5ドルくらいかな?適当

どちらにしてもまだまだ高いという印象を受けますね。

 

とまあガス代が高騰したのはDeFiが話題になったせいでもあり、ある面では良いことだったのかと。

ただ、実際に取引を行う際にガス代が高いという状態は避けたいところです。

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/10/18 33.60 ALIS 0.00 ALIS
FR91's icon'
  • FR91
  • @FR91
FX・株でトレードやってます。仮想通貨に関してもはじめようかと。投資関係やビジネス、ライフハックなど学んだことをアウトプットしようかと。
コメントする
コメントする