「歩く」を資産に変えませんか?-ビットにゃんたーずとは?

Content image

 

ポケモンGoやドラクエウォークなど、地図アプリと連動したスマホのゲームアプリ、人気ですよね。

「ゲーム」という、インドアだと思いがちな手法で、“人を外に連れ出す仕組み”を仕掛けることは、本当に驚きでした。

ついつい、
・スポットを巡るためにいつも通らない道を使ったり
・一駅分多く歩いてみたり
と、結果的に「健康にもいい」素晴らしい仕組みだと思います。

 

今回は、それと同じような考え方で、歩くことで「お金」が貯まる「ビットニャンターズ」というスマホアプリを紹介します。

 

・通勤や通学などで毎日3km以上歩く人

・珍しいスポットなどの写真を撮るのが好きな人

は、特にオススメがですよ!

「ビットにゃんたーず」をすぐに始めたい方は、こちらから

Content image

 

ビットにゃんたーずって、何をするゲーム??

Content image

 

ビットにゃんたーずは、画像のような地図アプリと連動したスマホゲームです。

「スポット」を周り、他のネコを集めたり、アイテムを集めるのですが、最大のポイントは、歩くことで暗号資産「ARUKUコイン」を貯めることが出来ることです。

 

ちなみに、ゲーム内で最もよく貯まる「ゴールド」は、2019年12月現在、まだ使いみちがありません。

しかし、今後の追加機能で、ゴールドの使いみちがリリースされることが予想されます。

Content image

 

ARUKUコインは何に使えるの?

ARUKUコイン(ARUK)は、まだどの取引所にも上場していないため、今のところ、運営が発行する”ポイント”に非常に近い状況です。

現在、公式が用意している使いみちは、「ARUKでんき」という電気の供給サービスの支払いに使用できるというものです。

電気も多くの事業者が参入していますよね。
そのため、「ウチはもう○○と契約しているから、ARUKでんきに変える気ない」という方もいるでしょう。

 

しかし、そこで終わりではありません
使いみちについては、記事の最後に改めてまとめます。

 

また、多くのブロックチェーンゲームや、暗号資産(仮想通貨)プラットフォームで重要なことは、まだまだスタートアップである以上、
何が出来るかよりも、どう活用していくか」ということです。

 

このあたりの話は、「ポイ活2.0」の紹介記事でも触れていますので、よかったら、見てみてくださいね。

「ポイ活2.0」とは、@marcoさんが提唱する、日常生活の延長で暗号資産を貯める活動です。

群雄割拠している暗号資産を「ポイント」と見立てて、ポイントサイトなどよりも効率がいい「ポイ活」を推進しています。

Content image

 

ARUKUコインの貯め方

Content image

ARUKUコインを貯めるには、まず、ゲーム内コイン「ネコイン」を貯める必要があります。

貯めたネコインを1:1でARUKUコインに交換できます。
※レートは、2019年12月現在

ネコインは、一日に
・1.5km歩くと、0.2ネコイン
・3.0km歩くと、0.3ネコイン
もらえます。

一日に、最大0.5ネコインもらえるということですね。

 

歩くだけでも地道に貯まっていくのですが、もう一つ、手っ取り早く貯める方法があります。

それが、「ネコスポット」申請です。

街の“特徴的なもの”を撮影して、ネコスポット申請を行います。

後日、申請が通ると、ネコスポット1ヶ所に付き、1ネコイン獲得することが出来ます。

 

申請が通ったスポットには、自分のIDが記載され、スポットを訪れた人が確認することになります。

また、説明文にスポット案内や意外な情報などを記載し続けることで、その人のスポットが人気になる、なんてこともあるかもしれませんね。

 

Content image

暗号資産古物商が、暗号資産のあり方を変える

Content image
©一般社団法人 暗号資産古物商協会

ビットにゃんたーずのARUKUコインは、2019年12月現在、取引所に上場していないため、法定通貨(円など)や他の暗号資産(ビットコイン、イーサリアムなど)と交換することが出来ません。

また、公式が用意している使いみちも、ARUKでんきの支払いというグループ事業の決済のみです。

この状況に新しい道を切り開いているのが、一般社団法人 暗号資産古物商協会の方々です。

 

暗号資産古物商は、
・暗号資産による代理購入
・暗号資産による買取
などを行っています。

これにより、Amazonや高速バスなど、ネット上で購入できるものであれば、一気に使いみちが広がりました。

ARUKUコインのように、取引所上場前でも、古物商の方々が扱っている(=価値を見出している)ものであれば、もう「出口(使いみち)」に迷うことはないのです。

 

Content image

 

日常生活の延長線上で資産を貯める「ポイ活2.0」。

歩いて撮影して暗号資産を貯める。

ビットにゃんたーず」で日常生活をさらに楽しくしてみませんか。

Content image
QRコードはこちら

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/12/28 22.43 ALIS 0.00 ALIS
伊藤 拓@コンテンツメイカー's icon'
  • 伊藤 拓@コンテンツメイカー
  • @GiftedTakuIto
Gifted代表 伊藤拓│SEOライター/広報戦略「マインドが変われば、世界の見え方が変わる」https://gifted-corp.com/アルティメット紅白大運動会エースライター(白組)
コメントする
コメントする