ALISをYoBitで買い増そうと思ったが、結局Uniswapを利用した話

 

ALIS運営の活動に、否定的な意見がちらほらみられますね🤔

確かにこのサイトだけでも、もっとどうにかならないのかなと思う節があるのは確かですが(下書き記事が削除できなかったり、二段階認証とか実装しなくてセキュリティは大丈夫なのかとか)。

でも僕がALIS運営を信じている理由は、ツイッターでの活動報告を毎日欠かさずあげているところです。(実際しっかり遡ったわけではないので、もしかしたらあげてない期間もあるかもしれませんが🤷)

およそ3年もの間、毎日続けていることはめちゃくちゃすごいと思います。

まあ確かに「3億くらい金を集めてるんだから当然」と言われたらそれまでですが...

僕は他に、活動が終了している、運営が逃げた、家が火事になったというツイートを最後に開発が終了した(本当にそうなのかは定かでないですが)

といったような草コイン、ICOを実施したコインを保有していたので、ALISの開発が続けられているのが奇跡だなと思います🤣

僕がALISを保有し続けている理由はそのくらいしかありませんが、開発・運営が終了するときまで、可能な限りALISを買い増していこうと思っています。

前置きはこれくらいにして、タイトルにもあるとおりなぜYoBitでなく、またUniswapにしたのか書いていこうと思います。

 

はじめは前の記事にも書いている通り、YoBitでETH→ALISで買い増ししようと思っていたのですが、想像以上に取引がない😓

どのくらいないかというと、前の取引が2か月前。(2020/08/03時点)

(今日見たら2020/08/04に2件取引されてました。)

まじか~と思いましたが、一応売り板を見てみると、

現在の日本円にして7円以上。

しかも十分な数量が売りに出されていないので、今回欲しい分購入するとそれ以上の金額で購入することになってしまう。

この前チャートを見たときは1ALIS=1円くらいだった気がするので、これは高すぎないかと思い、BTC→ALISの売り板も見てみました。

BTCでは2円ほどで売りに出されていましたが、それもやはり十分な数量が売りに出されていなかったので、欲しい分購入しようとすると7円ほどで売りに出されている分も購入しないといけなくなってしまう。

指値で注文出しておくのも考えましたが、ただでさえ怪しいと言われている取引所にあまり長い間資金を置いておきたくない🙄

そういった理由で結局、またUniswapの利用となりました

↓Uniswapでの購入の流れについてはこちらにおおざっぱですが記載していますので、まだ利用されたことがない方は参考にしてみてください。

https://alis.to/KAI/articles/KmQBNBwv8o5G

Uniswapでは交換を2日に分けたのですが、大体2.5円くらいで購入できましたので、まあ良しとします。

一応そのほかにAvacusでも見てみました。

大体1ALIS=2.4円くらいで売られていたので、いいじゃん!と思ったのですが、現在新規会員の受付をされてませんでした...。

なので、既にAvacusに登録している方はそちらでALISを購入するのが一番いいかもしれませんね🙋‍♀️

Content image

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/08/04 86.28 ALIS 5.35 ALIS
KAI's icon'
  • KAI
  • @KAI
Web系エンジニア / ICO参加
コメントする
コメントする