レコードアルバム イマジンに30年ぶりに針を落とす

友達がレコードプレイヤーを買ったというので、

無数のレコード・アルバムの中から、数枚だけ、車椅子で抱えていった。

アルバム「イマジン」に30年ぶりに針を落とした。

魂の螺旋ダンスを書いていた時、調べ事で取り寄せた市川匡麻呂による本居宣長への反論の書物を開いたとき

今にもバラバラになりそうなのを慎重に開きながら

これを人類の誰かが開くのはいつぶりなんだろうと思った。

針を落としてレコードが回り始めたとき、それを思いだした。

もちろん、イマジンやジェラス・ガイだけなら、YouTubeでも聴くことができるし、

その後も何度も聴いてきた。

しかし、アルバム全体を聴くのは少なくとも30年ぶりだし、

その時だって一回聴いたかなという感じ。

本当に聴きこんでいたのは、1970年代、中学生の時だ。

針先の微かな雑音にも、言葉に尽くせない感慨がある。

すべて歌詞カードも見ずに歌えるのも驚きだ。

この記事につづく。

 

 

Content image

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/09/08 20.13 ALIS 11.10 ALIS
あび(abhisheka)'s icon'
  • あび(abhisheka)
  • @abhisheka
10代より世界放浪。様々なグルと瞑想体験を重ねる。53歳で臨死体験。31年の教員生活を経て現在は専業作家。https://note.mu/abhisheka
コメントする
コメントする