クリプト

ステーブル資産H2OがOcean Marketに登場

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2022/08/06 01:19

OCEANのステーブル資産H2Oを活用してデータを売買しましょう



Ocean Protocol Team

Oceanエコシステムへの参加はこちらから👐

Content image

 

ステーブル資産であるH2OがOcean Marketのベーストークンとして使用できるようになりました。H2Oとは何か、Oceanエコシステムにどのような利益をもたらすのかについて掘り下げてみましょう。
 

Ocean Marketとは?

Ocean Marketは分散型のデータマーケットで、Ocean Protocolの最新のプライバシー保護アプローチであるCompute-to-Dataを通じて、パブリッシャーが保有するデータやアルゴリズムのマネタイズを可能にします。

Ocean Marketでは、データトークンを介してデータ、アルゴリズム、コンピュートサービスにアクセスでき、有望なデータ資産にveOCEANを提供するステーカーに対してもマネタイズの機会を提供します。

Ocean MarketとOcean Protocolのバックエンドでの取引ごとに手数料が発生し、その一部がコミュニティへ還元されます。コミュニティ手数料の50%はveOCEAN保有者に、残りはOceanDAOの助成金に使われます。
 

H2Oとは?

H2Oは、Web3のデータエコシステム全体における事実上の交換媒体となることを目指している、Reflexer LabsによるRAIをベースとしたOCEAN担保の非ペッグ型のステーブル資産です。RAIと同様、H2Oは分散型、パーミッションレスで、ガバナンスを最小限に抑えます。

H2Oのノンペグステーブル資産は、RAIのフレンドリーフォークです。RAIが担保資産としてETHを使用するのに対し、H2OはOCEANを使用します。従来のステーブル資産は、1ドルなどの価格にペッグされているのに対し、RAI(とH2O)は自由に変動するが、通常、ある価格の近辺に落ち着きます。H2Oの場合〜1.60ドルです。

H2Oは、(a)H2O dapp経由でOCEANをロックしてH2Oをミントするか、(b)Uniswap H2O-WETHプールなどの取引所で購入することで入手できます。
 

Ocean MarketでH2Oはどのように使われるのか?

Ocean Marketにおける「ベーストークン」とは、データの売買の価格付けやデータ資産へのステーキングに使用できるトークンのことです。

今回の統合以前は、Ocean Marketのベーストークンとして利用できるのはOCEANのみでしたが、今回のアップデート/統合によって、Ocean MarketはベーストークンとしてH2Oを追加しました。データ資産を公開する際、公開者はOCEANとH2Oのどちらを使用するか選択できます。
 

どのような利点があるのでしょうか?

H2OはOCEANよりもはるかに変動が小さいので、Ocean Marketにおけるデータの外的要因における価格変動を緩和する効果があります。

データの売り手は、より予測可能な収益を得ることが可能になり、OCEANの価格に左右されることはなくなります。

データの買い手は、購入コストをより予測しやすくなり、コストにおいてOCEANの価格に左右されることはなくなります。
 

まとめ

OCEANのステーブル資産H2Oが、Ocean Marketで利用可能になりました。これは、データ価格の安定性の向上を意味します。データの売り手はより予測可能な収益を得ることができ、買い手はより予測可能なコストによる購入が可能になるのです。

Ocean Protocolのバックエンドコンポーネントは、OCEANやH2Oだけでなく、あらゆるトークンをベーストークンとして使用することが可能です。OCEANやH2Oの使用を明示的にサポートしているのはフロントエンドであるOcean Marketのみです。

Oceanを利用したサードパーティマーケットプレイス(Ocean Marketのフォークなど)の構築者は、自分のマーケットに他のトークンを容易に選択することができます。例えば、彼ら自身のトークン、WETH、DAIなどです。

日本の組織、個人からのOcean DAOShipyardへの応募もチーム共々楽しみにしています。

プロジェクトの最新情報やお知らせは、Twitter、Telegram、LinkedIn、GitHub、NewsletterでOcean Protocolをフォローしてください。また、Discordで他の開発者と直接チャットすることもできます。

 

Ocean Protocolについて

Ocean Protocolのミッションは、世界に広がるWeb3データエコノミーを始動させ、データの所有者が持つべき権利を取り戻し、人々がデータから本来得られる価値をもたらす世界を構築する事です。

データは新たな資産クラスであり、Ocean Protocolはその価値を引き出します。データの所有者と消費者は、Ocean Marketアプリを使用して、安全でプライバシーが守られた方法でデータ資産を公開、発見、消費できるようになります。

Ocean Protocolのデータトークンは、データを「データ資産」に変えます。これによりウォレットや取引所、その他のDeFiツールを活用して、データウォレット、データ交換、データ協同組合を実現します。プロジェクトは、OceanライブラリやOCEANを自分のアプリで使用し、Web3データエコノミーの推進に貢献していきます。

トークンとしてのOCEANは、データへのステークやデータの売買、ガバナンス投票などに使用されます。トークンの供給は、短期的な成長と長期的な持続性を促進するために時間をかけて分配され、利用量の増加に応じて増加するように設計されています。

詳しくはoceanprotocol.comをご覧ください。

Website | Twitter | TelegramDiscordBlogYouTube |
日本版Twitter | 日本版Telegram

 

 

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 2.41 ALIS Article tip 0.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
54.01 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS