クリプト

あなたがDiemについて知っておくべきことのすべて

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2021/12/29 21:11

 

pontem Network

Pontem Noxクラウドローンへのホワイトリストプレ参加登録&各コンテンツのフォローはこちらから👉https://linktr.ee/pontemjapan

Content image

 

Diemについて

Diem Associationが2021年末までの試験運用の開始を予定している今、Diemはより多くのスポットライトを浴び、人々の注目を集めています。

これまでに、私たちは、Diemの最初のアイデアから最新のニュースまでの歴史を振り返る記事をリリースしてきました。

今回は、DiemとDiem Associationからリリースされる全ての製品やサービス、そして関連する規制についての内容です。

Diemとは?

Diemは、2019年6月にFacebookがLibraという名前で開始したプロジェクトであり、Diem Associationが管理するデジタル製品のエコシステム全体を指します。現時点では、Diem決済システム、Diemブロックチェーン、Diem Reserveなどが設計されています。

このプロジェクトのミッションは、何十億人もの人々に力を与えるシンプルなグローバル決済システムと金融インフラの提供を実現することです。

Diem Associationは、世界中の規制当局や中央銀行、さまざまな利害関係者と協力して、地域の金融政策や法規制に対してスムーズに統合するための最善の決定することで、このミッションを達成したいと考えています。

また、Diem Associationは、Diemプロジェクトの中で達成すべきいくつかの目標を設定しています:

ブロックチェーン技術を世界の何十億人もの人々の日常生活に統合し、安全で安価な金融サービスへのアクセスを提供する

従来の金融システムを強化し、プログラム可能、相互運用可能、アップグレード可能にする

革新的であると同時に、すべての人にサービスを提供できる、安全でコンプライアンスの高い金融アプリケーションを構築する

Diem Associationは、これらの目標をブロックチェーン技術による、デジタル製品の助けを借りて達成することを計画しています。まず、単一通貨のステーブルコインと複数通貨のマルチカレンシーコインをサポートする決済システムです。

LibraはDiem?それともDiemはLibra?

約1年前にリブランディングが行われたにもかかわらず、多くのユーザーがプロジェクトの旧名称に混乱しています。そこで、この問題を一度明確にしていきます。

2020年12月、Facebookが支援するLibraはリブランディングを完了し、Diemとなりましたが、これはFacebookから距離を置き、プロジェクトが規制当局の要望に対応できるようにするためです。これは主に、Facebookのような強力な企業が世界の金融システムへの影響力を強めるのではないかという懸念が発端となりました。

ここでは、Diem(旧称:Libra)の歴史の概要をご紹介します:

Content image

 

Diem Associationとは?

Diem Associationは、Diemを統括する独立組織であり、DiemネットワークのガバナンスとDiemプロジェクトの開発を担っています。

Diemプロジェクトを管理するためにこの協会を設立することは、最も信頼性が高く安全な方法であると判断した経緯があります。加えて、中央集権的な1つの当事者ではなく、多様で独立したメンバーによって、Diemのミッションを実現することが容易になります。これは、Diemにおける分散化という原則を反映するものでもあります。

Diem Associationの主な仕事は、Diemの決済システムの運営を促進、ネットワークの普及・発展・拡大を目指すステークホルダー間の合意の調整、資金の管理・監督、サービスの提供を安全かつ法に準拠した方法で促進することです。

Diem Associationは、世界各国の企業や非営利団体で構成されています。現時点では、Andreessen Horowitz、Blockchain Capital、Coinbase、Nobi、Lyft、Shopify、Spotify、Uberなどがメンバーとして名を連ねており、現在も、厳正な基準を満たし、プロジェクトのミッションに賛同する新規メンバーを受け入れ続けています。

Diem Associationは、各会員組織ごとに1名の代表者で構成される評議会によって運営されています。主要な政策決定は、Diem Byzantine Fault Toleranceのコンセンサス・プロトコルで要求されるネットワークの超過半数に相当する、評議会の代表者の3分の2の同意を得て行われます。

Diemの決済システムとは?

Diemの決済システムは、世界中の何十億もの人々が金融サービスを利用できるようにするための、信頼性の高い相互運用可能な決済システムとして開発されることを意図しています。

この決済システムは、単一通貨のステーブルコイン(≋USD、≋EUR、≋GBPなど)と複数通貨のマルチカレンシーコイン(≋DIEM)をサポートし、ユーザーは世界中での保有・送金が可能になります。

トークンのアクセス性と信頼性を実現するために、各単一通貨のステーブルコインは、関連する通貨建ての現金または現金同等物と政府証券で構成されるDiemの準備金によって1対1でその価値を裏付けられます。

一方の、Diemコインは、Diemネットワークでサポートされている複数の単一通貨のステーブルコインによる合成資産であり、各ステーブルコインの裏付けと安定性を継承するものです。

Diemの決済システムは、Diemブロックチェーン上に構築されます。Diemブロックチェーンは完全にオープンソースで、誰もがアクセスして開発することが可能です。

Diemブロックチェーンの仕組みは?

Diemの決済システムを適切に機能させるために、Diemブロックチェーンは、スケーラビリティ、セキュリティ、ストレージやスループットの効率性、将来的な適応性を優先して、ゼロから開発されています。

Diemブロックチェーンは、次の要件に基づいて構築されました:

高いスケーラビリティを提供する(高いトランザクションスループット、低レイテンシー、大容量ストレージ)

高度なセキュリティの実現

将来の金融商品やサービスに対応できる柔軟性

Diemブロックチェーンでは、革新的なアプローチと、BFT(Byzantine Fault Tolerant)コンセンサスなどの定評あるツールを組み合わせて使用されています。

Diem Associationが実施した最大のイノベーションは、Diemブロックチェーンのために設計・完成された言語であるMoveです。この言語は、ブロックチェーン上にカスタムトランザクションロジックや「スマートコントラクト」を実装するために特別に開発されました。

Moveには、いくるかのユニークな特徴があります:

過去のセキュリティ事故を考慮したコードを構築することで、意図しないバグやセキュリティ問題のリスクを低減

リソースの所有者が一人であること、一度しか使用できないこと、新しいリソースの作成が制限されていることなど、デジタル資産を物理的な資産と同じ性質に制限する「リソースタイプ」を有効にすることで、資産のクローン化を防止

例えば、支払取引は支払者と受取者の残高のみを変更するという要件など、取引が特定の特性を満たすことを自動的に証明することが可能

Diemネットワークのコアとなる要素、支払い送金やバリデータノードの管理などを簡単かつ安全に定義することが可能

コンプライアンスの仕組みをDiemネットワークに組み込むことが可能

Diemブロックチェーンのもう一つの重要な要素は、ビザンチン・フォールト・トレラント(BFT)コンセンサスであり、取引台帳上の全てのバリデータ・ノード間の合意を促進するために採用されました。このコンセンサスは、ネットワークの信頼性を高め、高い取引スループットを実現し、取引の最終性を明確に記述するために使用されます。

BFTの安全性はバリデータの質に依存するため、Diem Associationは将来のバリデータに対してデューデリジェンスを行います。また、バリデータが実行するソフトウェアは、ネットワーク構造により、様々な技術(重要なコードの分離、コンセンサスアルゴリズムのテスト、依存関係の慎重な管理)によって強化されていきます。

マークルツリー構造は、Diemブロックチェーン上のトランザクションデータを安全に保存し、いかなる変更も防ぐことで、ネットワークのさらなる保護を保証します。これは、Diemブロックチェーンを、取引や状態の履歴を長期的に記録する単一のデータ構造に変えるものとして機能します。

このような構造を導入することで、以下のような成果が得られます:

ブロックチェーンにアクセスするアプリケーションの作業を簡素化する統一されたフレームワークを可能にする

公的な検証可能性をもたらし、誰でも(検証者、Diemネットワーク、仮想資産サービスプロバイダー、法執行機関、任意の第三者)が全ての操作の正確性を監査可能にする

暗号鍵によるトランザクションの署名を可能にすることで、全てのバリデータが危険にさらされたとしても、安全な署名鍵を持つアドレスからの改ざんされた取引がコミットされたものとして受け入れられないようにする

ネットワーク上の様々な参加者を考慮したプライバシーアプローチをサポートする

Diemブロックチェーンの技術情報は、Technical PaperMove Language PaperDiem BFT Paperに掲載されています。

Diemのステーブルコインとマルチカレンシーコイン

Diemの決済システムは、世界中のあらゆるユーザーが金融サービスに無制限にアクセスできる、低コストのネットワークとして設計されています。このため、単一通貨のステーブルコイン(≋USD、≋EUR、≋GBPなど)がネットワークに含まれているほか、マルチカレンシーコインも含まれています。これにより、世界中の企業や個人に力を与える国内のさまざまなユースケースが可能になると考えられます。

Diemがリリースする各単一通貨のステーブルコインは、Diem Reserveによって、現金または現金同等物と超短期の政府証券でサポートされます。各ステーブルコインは、そのコインに対する市場の需要に応じてミントされ、バーンされます。

このアプローチは、Diem Associationによるコスト削減し、新機能の実現に役立つと同時に、各国の中央銀行がDiemの決済システムをどのように使用するかについて、最大限の柔軟性とコントロールを提供することにもつながります。

Diemのステーブルコインについて語る際には、中央銀行デジタル通貨(CBDC)と区別することが重要です。Diem Associationは、「Diemのステーブルコインは、CBDCを含む既存の国家通貨の代替ではなく、補完として開発されたものです」と明言しています。

つまり、Diemはどの国の通貨主権や金融政策にも干渉することを目的としていないのです。それどころか、Diem Associationは、中央銀行がCBDCを開発する際に、Diemネットワークと直接統合できることを期待しています。

一方、マルチカレンシーのDiemコインは、世界の各通貨のバスケットによりバックアップされるものです。このコインは、クロスボーダー取引の決済用コインとして運用され、中立的でボラティリティの低い代替手段としての役割を果たし、金融包摂を促進させていくことが期待されます。また、単一通貨のステーブルコインが存在していない地域でのシンプルな解決策としても機能すると考えられています。

Diemコインはスマートコントラクトとして実装され、固定された重み(例えば、≋USD 0.50、≋EUR 0.18、≋GBP 0.11など)を使用して単一通貨のステーブルコインを集約します。規制当局の懸念を抑えるために、Diem Associationは規制当局や国際機関にバスケットの構成を監督することを提案しています。

Diem Reserveとは?

先に述べたように、Diemのステーブルコインは、高品質の流動性資産で構成され、各通貨により支えられたDiem Reserve(準備金)によって完全にバックアップされます。

Diem Reserveは、少なくとも流通しているDiemコインの額面に相当する金額を、現金または現金同等物、政府証券で保有します。また、市場の需要に応じて、各単一通貨のステーブルコインをミントし、バーンします。さらに、スマートコントラクトは、これらの特定の単一通貨のステーブルコインを、各通貨に設定された固定の重みに基づいてマルチカレンシーコインに結合します。

準備金は、信用リスクが非常に低く(例:S&PのA+格付け、Moody’sのA1格付け、またはそれ以上)、流動性の高い流通市場で取引されている国家が発行した超短期(残存期間3ヶ月以内)の政府証券が少なくとも80%を占めます。残りの20%は現金で保有し、同じリスクと流動性プロファイルを持つ短期(残存期間1年以内)の政府証券に投資するマネーマーケットファンドに持たせます。

ネットワークと消費者の保護のために、適切な規模の損失吸収バッファーを維持するための規制資本の枠組みを構築しています。これは、フレームワーク内の潜在的なリスクや損失を軽減するためのものです。

Diem Reserveは透明性をもって管理され、定期的に監査が行われ、その結果は常に公開されます。

コンプライアンスと規制

分散型金融の世界では、コンプライアンスが時として最も切実な問題となります。そして、Diemはすでに規制当局の注目を集めており、2019年にプロジェクトを保留させたり、Diemのステーブルコインに関する疑問を受けるなどしています。このようなことから、Diem Associationにとっては、法的に準拠した安全なネットワークを構築し、規制当局、中央銀行、法律家を巻き込んで、消費者に優しいエコシステムを開発することが極めて重要です。

Diem Associationとその関連組織は、プロトコルレベルの管理に支えられたコンプライアンスフレームワークを導入し、規制上の義務を確実に果たすように設計されており、安全性とコンプライアンスを最重要視したネットワークを構築するために、以下の活動を行います:

包括的なコンプライアンスプログラムの作成

Diem支払いシステムを無制限に使用するための必須基準を設定

協会メンバーおよび指定販売会社のデューデリジェンスの実行

規制された指定ディーラーを通じて、Diemコインを配布

規制されたVASPまたは認定されたVASPのみに、取引およびアドレスの残高制限なしにネットワーク上での取引の許可を実行

全てのオンチェーン活動に対して、自動化されたプロトコルレベルのコンプライアンス制御を適用

オフ・ブロックチェーンのトラベル・ルール・プロトコルを開発

Diemネットワークの活動を監視し、参加者と調整

特定された潜在的に疑わしい活動や制裁措置に、報告を含めて法に従って対応

Pontem NetworkのDiemへの貢献

Diemは、大きな可能性を秘めた野心的なプロジェクトであるにもかかわらず、いくつかのボトルネックを保有しています。私たちは、安全で規制されたパーミッションレスのシステムで世界中からアクセスできるようにすることで、金融包摂というDiemのビジョンを実現するために、Pontem Networkを設立しました。

PontemがDiemのプロジェクトに貢献できる方法はいくつかあります:

Pontemは、Diemのステーブルコインと、ステーブルコインのユースケースを持つマルチカレンシーコインの送金を促進する

Pontemは、SaaSやビジネスサービスを含む、コンプライアンスのための適切な手段や製品と市場の適合性テストを提供する

Pontem Networkは、既存のパーミッションレスのシステムへの橋渡しとなり、エコシステム全体の改善を可能にし、リスクの軽減に貢献する

パーミッションレスのエコシステムから流動性を提供し、必要な監査に対応することで、システムの維持に貢献する

PontemはすでにDiemの実験的なテスト・ネットワークとして機能しており、プロジェクトとユーザーに、その製品の市場適合性を検証するための複数のツールを提供しています。

ここからPontemは大きなマイルストーンを次々と達成していくことになります。先見性のあるパイオニアの皆さんは、是非ともPontemのネットワークとその取り組みに参加してください。

Pontem Noxクラウドローンへのホワイトリストプレ参加登録&各コンテンツのフォローはこちらから👉https://linktr.ee/pontemjapan

 

Pontem Networkについて

Pontemは、Polkadotを介して、DiemブロックチェーンをEthereumのようなパブリックパーミッションレスブロックチェーンの分散型エコシステムに接続するためのブリッジを構築しています。これにより、Facebookの27億人のユーザーは、分散型金融(DeFi)からノンファンジブル・トークン(NFT)まで、あらゆる暗号のユースケースにシームレスに触れることが可能になります。Pontem Networkとその開発プラットフォームにより、ユーザーは製品をDiemブロックチェーンに移行する前に、Polkadotやその他のチェーンでアプリを構築し、テストすることができます。

Pontem Networkは、Meta(Facebook)のDiemブロックチェーンのインセンティブ付きテストネットとして機能するPolkadot Substrateベースのチェーンです。このプロジェクトでは、Polkadotを使用して、クリエイターにDiemの可能性を紹介し、Diem協会に移行申請を行う前にアイデアの検証を実行する機能を提供しています。また、クロスチェーンブリッジを利用することで、Pontemは他のネットワークで確立された流動性、データ、ツールをシームレスにDiemとの間で相互利用することができます。

Pontemのビジョンは、Diemブロックチェーンの主要な実験ネットワークとしての地位を確立することであり、本質的には、流動性のためのブリッジだけでなく「DiemのためのKusama」にもなることです。これは、非常に効率的で柔軟性の高いPinknodeのコードを使用して、現在のKusamaネットワークにdAppsを接続するPinknodeの能力と完全に一致しています。既存のKusamaブロックチェーンは、初期段階のスタートアップの育成、革新的な創造の実験、Polkadot上に展開する前のdAppsのインキュベーションに適した場であるという評価を得ています。これは、参入障壁の低さ、より寛容なスラッシュペナルティ、よりスピーディなイタレーション、そして最新のテクノロジーにより成り立っています。

DiemのKusamaビジネスモデルを達成するためのPontemの旅は、野心的なものに他なりません。誰もが知るWeb2の巨大な力を、Web3の世界へ引き込む架け橋を構築していきます。

Webサイト| Twitter | Telegram | Discord | ドキュメント| GitHub

日本語版はこちらからフォローしてください!

 

 

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 3.37 ALIS Article tip 0.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.89 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
16.32 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
186.20 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
19.40 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS