暗号通貨初心者のKatakotoヨッメと学ぶ#DeFi入門【第3回】~Argentウォレットから数クリックで簡単に資産を貸し出して利息を得よう!”

Content image

 

前回の記事で、暗号通貨初心者でも安心して使えるArgentウォレットに、購入したイーサリアムを無事保管できたKatakotoさんのお嫁さん。

さっそく最近Argentに統合された機能を利用して、次世代のDeFiサービスを体験してみる事に。

Content image

 

“せっかく買ったイーサリアム。ただ毎日の上がり下がりを眺めてるだけじゃつまらないから、これを使って資産運用してみよう!話題のDeFiに挑戦だよ!時代はDeFiだよ!”

 

Content image

 

 

“え?たった2ETHでそんな事できるの?DeFi? DeFiって何?

あとデフィなの?デファイなの?そこまだ揺れてるみたいだけど。”

 

Content image

 

 

“(雰囲気でわかった気でしゃべってるのばれそう・・・)

Decentralized Finance(分散型金融)の略だからデファイでいいと思う・・・。

とにかくDeFiって言うのは、世界中の誰もが参加可能で透明性が高い金融サービスをインターネット&イーサリアムの仕組みを使って実現させよう!というプロジェクトの総称だよ。

今までは、金融サービスを使う際にある意味盲目的に信じるしかなかった銀行や企業を、ブロックチェーンとプログラミングコードに置き換えて、より公平でより開かれた金融プラットフォームを作ろうとしているんだよ。

それゆえ「オープン・ファイナンス」という呼び名も候補になっているよ。”

Content image

 

 

“分散型金融?オープンファイナンス?金融と言われると私この映画の知識しかないんだけど、これで大丈夫?”

Content image

 

“ウォール街のオオカミ・・・ディカプリオの瞳孔が、コカインでオープンになっちゃうやつね。

確かにお金や証券のやり取りの間にいる仲介者が、ここまで詐欺的な例は極端だろうけど、信頼の担保を“人”に置くのではなく、彼らの仕事ぶりを誰もが確認できるブロックチェーンとプログラミングのコードに置き換えた所が、このイノベーションの凄い所だね。

“中の人”を信頼するのではなく“中のコード”を信頼してお金をやり取りする。コードに何が書かれているかは、世界中の人が確認可能。このコードの事を“スマート・コントラクト”と呼んでいるよ。

Content image

 

お金を借りたり貸したり、利子を付けたり、返済がない場合は清算したり・・・今まで金融機関がいなければ成り立たなかったあれやこれやを、このスマート・コントラクトが無言で無慈悲に実行してくれるんだ。人間がやるよりも信用がおけるぐらいさ。”

Content image

 

“で、あなたは実際コードに何が書いてあるかがわかるの?”

 

 

Content image

 

 

 

 

 

“ぐっ・・・そ、それは・・・”

 

 

Content image

 

 

 

 

“自分でコードが読めないんじゃ、そこで何か不正な事をされてるかも、まずい所があるかどうかもわからないじゃない。”

 

Content image

 

 

 

 

 

“だからそこはさっきも言ったように、コードはオープンソース化されていて、世界中のプログラマの目にさらされているし・・・あ!あとコードの安全性を専門的に監査してくれる第三者機関も充実してきたよ!”

Content image

 

“結局、あなたはその人たちの言う事を“信頼”して、自分の大事な資産を預けてるってわけね・・・。”

 

Content image

 

 

 

“(くぅっ~自分でコードが読めるようになりてぇなあ~!😭)

"信頼"を独占的な第三者に置くのではなく、数学や暗号学、それらを駆使する開発者、そしてマイナーやユーザーに分散させて担保した所に、ビットコインに始まるブロックチェーン技術の偉大な革命があるんだけれど、その話は長くなるからまたいつか。

とにかくこのいろんな可能性を秘めたDeFiの世界が、キミの使っているウォレットソフトでものすごく身近になったから、実際に使って体験してみよう!”

Content image

①“Assets”から“Finances”タブを選択。“Grow your holdings”(保有資産を増やそう!)をタップしよう!

Content image

②プラスマークをタップしたら“Compound”を選んでね。

Content image

あなたの資産を育てましょう
ローンや取引のための流動性を提供する事で、利益を得る事ができます。

Compound
Compoundプロトコルに暗号資産を供給して利益を得る。

 

Content image

③貸し出せる暗号資産の一覧が並んでいるのがわかるよ。APRは年率の事。今回はETHを選ぶよ。

Content image

③貸し出したいETHの数量を入力して“Save ETH”をタップだよ。

 

Content image

④これで終了。Compoundプロトコルを通じてETHを貸し出す事ができたよ。預けた資産は“Withdraw"(引き出し)からいつでも好きな時に引き出せるよ。もっと預けたい場合は“Top up”だよ。

 

Content image

“ほらもう、こうしてる間にも利息が付きはじめたよ!”

Content image

 

“これだけ?意外と簡単だったわね。逆に裏で一体何が行われているのか、ますますわからない事だらけだわ。

コインによっては年利11%とか、詐欺みたいな数字もあるし・・・”

 

 

 

Content image

 

CompoundというDeFi分野でそれなりに実績のあるプロジェクトが、このウォレットで統合されて格段に使いやすくなったと考えてね。”

“最後に、このDeFiという分野はまだ実験的な要素も多くて、コードの潜在的なバグなどまだまだ見えないリスクが大きいと言う事も十分注意してね。個人があまりに大きな資産で運用するのは危険だよ。

イーサリアムの創始者ヴィタリックも、最近DeFiへの懸念をこんな形で表明しているよ。”

CompoundへのDAIの貸し付けが年率11.5%。米国債10年が年率1.5%。この相違はなんで?

・一時的な市場の非効率性・・・19%
・DAI崩壊のリスク・・・53%
・Compound崩壊のリスク・・・18%
・その他・・・10%

(“彼のアンケートは、鯨へもっと流動性を提供して年利を妥当なレベルまで下げよというメッセージだ。”という指摘に対して)

違う。単純に聞いてるんだ。もしCompoundが安全じゃないなら、その事実は声高に指摘されるべきだ。人々がそれを安全だと思って大きなお金をつぎ込まないようにね。

“この高金利を高知の人が最近すごく煽ってるみたいで、Katakotoさんも下手にこの話題に触れるのは嫌なんだけど、せっかくの世界の多くの人に豊かさをもたらすかもしれない新技術、みんなで大事に安全に育てていこうね。”

Content image

 

 

“高知の人って誰?広末?ソニン?それとも間 寛平?

あ!逆に高知 東生 ?”

Content image

 

 

“(逆に?)その話も長くなるからまた今度。次回は「DAIってなんダイ?#DeFiを支えるステーブルコイン」だよ。”

Content image

現在、Argentウォレットを使い始めるのに順番待ちの状態ですが、こちらの招待コード付きのリンクからだとすぐに利用開始できます!

https://argent.link/r4nZFaXGUW

特にKatakotoさんに何か報酬が入ってくるとかではありませんので、安心して試してみてください。(20人分の招待コードもらったんですが、Katakotoさんにはそんなに友達がおらんのですよ。)

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/24 72.91 ALIS 9.10 ALIS
katakoto's icon'
  • katakoto
  • @katakoto
クリプトバブルの波に乗って年内にキンキンで年収がムーンするはずが、なぜか無職になって🇨🇦にいる。今はなけなしのBTCを削って生計を立てています。いつだって願いは、世界人類が平和でありま文字数。
コメントする
コメントする