BinanceとDigibyteが揉めに揉めている話

Content image
Source:Twitter

何やらBinance陣営とDigibyte陣営が揉めてますね。

事の発端はDigibyte創設者のJared Tate氏が自身のツイッターで、何かと黒い噂のあったBinanceの上場費用に関し

“俺らはそんなもん払わねーっつたら払わねー!つかもう今までの事、全部世界にブチマケたる!”

と“払ったら負け”ぐらいの勢いで怒涛のツイートを開始、上場費用を拒んだだけならDigibyteがBinanceには上場されず話はそこで終わりなはずですが、どうやらそんなに簡単な内容ではないようです。以下、彼の主張のポイントをまとめました。

Twitter投票では何度も勝利し、上場を“約束”されながらも、コミュニティが度重なる様々な要求に何度も応えようとも、結局は上場費用を支払わない限りはリスティングが実現する事はなかった。(Binance側は上場のための“査定”にも費用を要求。)

Binance側がDigibyteのキーメンバーをWeChatグループ内でBinanceCEO,CZ氏の信用を落とそうと暗躍している中国のスパイ扱い。誰ひとりWeChat使っていないのに・・・

具体的にBianceスタッフとの上場費用に関わるやり取りも暴露されています。

Content image
Source:Twitter
B「予算はどれくらいなの?」

D「費用がかかるとおっしゃいましたよね?上場費用って何ですか?」

B「そうよ。少し高いわよ。」

D「どれくらい高いんですか?」

B「だからあなたがたの予算が知りたいのよ。」

予算から探りを入れてくるあたり、エグイっすね。まずは財布の中身を確認してくる場末の風俗嬢かと(友達の体験です)そして、この絵が思い出されます。

Content image
「はっはー、陛下、なにとぞ私のコインを上場させてください!」
「陛下、私のコインを上場くださいませ!」

「うるせぇ、いいから黙って上場費用400BTC払えや。」

こうした批判に対しBinance CEO, CZ氏は「今までの僕が間違ってましたと、公式に詫びいれろや。そしたら上場させてやってもえーぞ。」と陛下直々にコメント。

これに対しJared氏は

「間違いって何がやねん!?ワイロを払わなかった事か?お前らがパンプ&ダンプで取引量操作してる事か?全部本当の事やないか!!」

「上場費用という名の賄賂払っただけの、スキャムコインがガンガン上場してパンプ&ダンプしてる腐れ中央集権取引所なんてこっちから願い下げじゃ!」

※意訳、少々脚色していますが勢いはそんな感じです。

と引く気が全くありません。なんならBinanceのような中央集権的取引所は今後のブロックチェーン業界の繁栄に悪影響しかないと高らかに決別を宣言しております。

この批判とほぼ同時期に出されたBinanceからのアナウンス

今後、上場費用は全額チャリティーに寄付しま~す!(Vivaヒューマニティ!人間っていいな~お空が青い~僕らはひとつ~)

の発表に対しても速攻

Content image
Source:Twitter
Binanceがもらった“ワイロ”(ゴホンッ)じゃなかった“上場費用”100%、新しく“内部に”作った“チャリティー”に寄付するってよ!たぶん“ウォッシュトレーディング”チームの隣にある“パンプ&ダンプ”部署の廊下の先にでもあるんじゃね!?

と140文字内でギュウギュウに煽りまくっています。

先日も上場廃止発表で4つのプロジェクトのコインに大暴落を引き起こし、その市場への影響力の大きさを見せつけたBinance.この争いの行方も含めて、今後の動向に目が離せません。




過去の揉めている人達一覧






公開日:2018/10/10
獲得ALIS:86.84
katakoto's icon'
  • katakoto
  • @katakoto
クリプトバブルの波に乗って年内にキンキンで年収がムーンするはずが、なぜか無職になって🇨🇦にいる。今はなけなしのBTCを削って生計を立てています。いつだって願いは、世界人類が平和でありま文字数。
コメントする
コメントする