トラベル

中東空港比較④ついでにドバイ。驚いたこと!

shum's icon'
  • shum
  • 2023/09/22 04:19

ドバイの人工的な景観、高層ビルは想定内だが

Content image

街(下町っていうのとは違うと思うけれど)の方に行って驚くことがあった。
ちなみに、デイラ地区という古くからスーク(市場)のあるエリア。

Content image

それにしてもセダンが多い。

Content image

壁画ちょっとおしゃれ。

Content image

とにかく暑くて、早く涼しいところないか・・・って。
叩きつけるような暑さ。

Content image

この電話、機能してるのだろうか・・・

 

ドバイの3大スークという、スパイスのスークと、ゴールドのスークと、オールドスークっていうのがあるのだが、オールドスークは運河を渡ったところにある。このたびは、スパイスとゴールドのスークに行ったのだけれど

Content image

まぁ、このように綺麗に山積みにスパイスやドライフルーツ、ナッツが並べられている市場の風景は中近東などで良くある光景ですよね。
 

Content image

トルコのバザールもこんなだし。ヨルダンでもモロッコでもパキスタン(パキスタンではこんな観光客向けの綺麗な積み方は見てないけれど。自分は。)でもそう。

しかし!
めっちゃ驚いたことに、とにかく客引きが性質悪い!!
世界最悪じゃないか?

この時、そんなに通行客いなかったから、余計にやられたのかと思ったら、他の人のブログにもあった。あちこち行ってきてるけれど、世界最悪の客引き!とか。

Content image

というのも、自分はこういうバザールの客引きには慣れている方で(イスタンブールにひと月半滞在してダラダラしていたから)、

まず、うるさい、勧めてくるとする。例えばイスタンブール

日本語で話しかけてきたり、あれこれ試食勧めて来たり、お茶持ってくるからって言って、あっという間にお茶出してきて、足止めしたり。
 この上の写真のイスラム用の香料(アルコールが宗教的にダメだから、香油みたいなのを服やハンカチにすりつける)も、要らないって言っても付けて来たり。
香り系はモロッコでも多かった。

Content image

ヨルダンではそういうことなかった(自分の知る限りでは、結構品のいい中東国で、失礼なことされるどころか、人が親切だった)し、
パキスタン(カラチ)ではそもそも観光客少ないせいか、悪質な客引きっぽい行動はしてこなかった(びっくりした顔でジロジロ見られたとしても)。しかしパキスタンのバザールでは、店頭に積んであるものには既に虫がついてたりするから、買うなら店頭のでなくて、奥の袋とかから新しいの買った方がいいと言われた。実際、スパイスの中に小さな虫が入っていることも珍しくないし、お米なんか小石や虫が入ってるのは普通なくらい。
モロッコも、日本語で声掛けしてくるのはかなりうっとおしいし、絶対ふっかけてるなって感じの営業してくるけれど、トルコほどしつこくないし、逆に写真撮ろうものなら怒り狂って、消せ!とか撮ってないか?とか怖いおっさんが駆けよって来たりしたことも(マラケシュ)。
トルコはしつこいけれど恐怖感はなく、モロッコはしつこくないけれどちょっと恐怖感はあるところもあった。読めなさすぎて不気味というか。買わないとわかると露骨に不機嫌になるとか。平静な顔してどうどうとぼったくってくるとか。

Content image

で・・・・なんでドバイの客引き最悪!!って思ったかというと、

客引きしてきても知らんふりしてたら、いきなり腕を強くつかんできて、手の中に無理やり、ドライフルーツみたいなの押し込んでくる!
つかみ方が暴力的。

いらないってというと、強い口調でなんか悪態ついてくるし!

しかもその雰囲気が怖い。

怖すぎ!

Content image

びっくりして、そそくさとその場を去った。

Content image

あーーーびっくりした!!と思いながら、市場を出ると、外は商店が並んでいて、

Content image

こういう感じってイスタンブールで見たな・・・

 

Content image

ここは布地の問屋街みたい。

 

Content image

浅草橋っぽくもあるが? カラチにもこういうところあったなぁ・・・と。
イスラム圏の問屋街ってどこもなんか似た雰囲気ある。

Content image

アーケードの中にも扇風機。

真昼間に地元の人は当然、買い物なんか来ない。よっぽど急いでない限り。

 

Content image

暑いし、あんまり時間も余裕でもないから、見回りながら通過。

Content image

こういう既製服、トルソーに飾るときは、後ろから引っ張ってかっこよくピンでとめてたりする。実際はかなり大きくずどんとしたデザインでも、スリムに見えるように飾ってあったり。
 

Content image

観光客もいない。やはりまだコロナのこともあって少なかったのかも。人。

真昼間(まだ昼より前)でも観光客は動くかもだから・・・?いや、もしかしたらプールにでもいるのかな。観光客。暑い国のバザールは夕方の方がどこも活気あるし。
スリも多いそうだけれど。夕方以降は。
 

Content image

道のど真ん中に車。奥にモスクが見える。

 

Content image

お土産で革製の靴やバッグなど革製品を買う場合は要注意。民族的な革のスリッパみたいな靴とか。
大体日本のように革の加工を丁寧にしていないために、革の臭いがすごい強くて、帰国してからこの臭いどうにかならんか、、、となる。もちろん、臭わないのもあるが。目利きの地元友達なんかいればいいけれど、観光でふらついてる場合は、やばいの買ってしまう方が多いかも。
ドバイで何て言うか知らないけれど、バキスタンで、革の、アラビアンナイトみたいな靴作ってもらったことあって、足に合って肌あたりも良くて気持ちよかったが、割とすぐに、外側の飾りが取れてしまった。
モロッコのお土産で友人がくれたものは、匂いがきつすぎて、室内に置けなかった。
あと、スカーフみたいなのも店頭で発色良くても洗濯したら一回で色が半落ち!みたいなのこともざら。もちろん、色移りする。
 

Content image

トルコのガラスのカップなんかもそうだけれど、ガラス製品持ち帰るのはなかなか心配。真鍮の飾り物は、後で変な色になったらピカール金属磨きで磨けば綺麗になる。

 

Content image

ゴールドスークに着いた。
インドの俳優の写真、この女性(カリーナ・カプール)の顔、20年前から変わんない。左のアニル・カプールも変わんないけど。
どっちもカプールだけれどインド俳優、なんとかカプールとかなんとかカーン多すぎ。
 

Content image

ベンチがあったから座って水飲んだ。
ゴールドの店が並んでいるのだが、これこそ知り合いとかいないと、交渉できる自信ないし。堂々とぼったくられるかも知れない。
しかし店によっては、店主善良そうで嘘くさくないかなってこともある・・・が、ドバイの市場では店に入らなかった。

シルバーくらいなら相場大体見当ついたり、日本よりは安いなって思ったりするが、

ゴールドだと細工料乗ってたり、金の純度での違いも分かんないからな。

Content image

立っている人のかっこうからしてもパキスタン人ぽいし、左奥の店もパキスタン料理。パキスタン人、ドバイに多いって聞くけれど、この辺りもそういうエリアなのかも。食べ物はおいしそうだった。

Content image

カラチにこういうところあったなーー

カラチの日中も、もう一瞬で干からびる暑さだったなと、パキスタン思い出す。

ドバイ、カラチに結構似てるところ多い。アラブ首長国連邦!って感じの高層ビル地帯やキラキラピカピカのところを別としたらの話だが。

カラチの方がごみごみしてたり、道がぼろいところあるけれど、ドバイも回ったら色んなところがあるのだろう。

 勇気を出して、灼熱の中へ・・・

Content image

目指すは地下鉄の入り口。

 

Content image

いきなりまた、ドバイっぽくなる。

 

Content image

キラキラピカピカ

 

Content image

ずいぶんきれいに清掃されてる。

 

Content image

車内の注意書き。 えーー、チューインガム禁止?飲食しても罰金か。

 

Content image

ちなみにこの電車に乗った時に、一斉に乗ってた人がジロって見てきて。

乗っちゃいけない車両かと思った。

車内には、男だらけで、男性専用車両かと思ったが、ひとりだけ女性がいた。

基本的に女性は電車に乗らないのだろうか?

働きに電車で出かけるのは男だけとか?

 

Content image

無事に空港に戻り。

Content image

また広い空港内通過して。 

Content image

ドバイから、ギリシャのミコノスへたった。
でもって、帰りにまたドバイの空港に来た時には、調子悪くて。
帰国した後、コロナ発症。…って空港の話と関係ない。

Content image

次記事では、ドバイではない空港の話。

 

読んでくださりありがとうございます!

 

 

 


 


 

Supporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile icon
Article tip 3人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 522.59 ALIS Article tip 16.00 ALIS
shum's icon'
  • shum
  • @shum
特に旅が好きです。好きな言葉は、「塞翁が馬」。香りと空気の流れ重視。どうぞよろしく。https://twitter.com/windreamoon

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
トラベル

【朝散歩】湯島天満宮

Like token Tip token
4.47 ALIS
Eye catch
トラベル

【京都旅行②】雨の日も風情溢れる金閣寺

Like token Tip token
21.40 ALIS
Eye catch
トラベル

京都大原・三千院の桜からシャクナゲへ替わる季節に

Like token Tip token
138.61 ALIS
Eye catch
トラベル

大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)~参道~下社風景#202-1

Like token Tip token
57.10 ALIS
Eye catch
トラベル

小石の天然ミュージアム~前白根山~

Like token Tip token
11.30 ALIS
Eye catch
トラベル

なんもない!すばらしい!天塩温泉から稚内へ

Like token Tip token
10.57 ALIS
Eye catch
トラベル

コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット

Like token Tip token
105.50 ALIS
Eye catch
トラベル

Travel Work In Enoshima

Like token Tip token
2.20 ALIS
Eye catch
トラベル

大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)~シカ遭遇・龍が睨む二重の瀧#202-3

Like token Tip token
5.20 ALIS
Eye catch
トラベル

京都・南禅寺の最奥部は知られざる聖域だった 南禅寺奥之院 後編

Like token Tip token
297.73 ALIS
Eye catch
トラベル

COVID-19が収束したら旅行に行こう!旅行が与える経済効果とおすすめの観光地!!!

Like token Tip token
62.00 ALIS
Eye catch
トラベル

リッツカールトン東京に泊まってみた。【絶対2泊すべき3つの理由】

Like token Tip token
68.10 ALIS