【仮想通貨】ALISトークンの説明

Content image


◆ リンク

アリスブログ初心者向けの情報まとめ > 当記事


◆ 関連記事

ALISとは(アリスとは)? 特徴、買い方、将来性についての説明


◆ 留意事項

・この記事は「2018/06/16」に作成されています

・内容の一部に誤りが含まれているかもしれません。予めご了承下さい


◆ 【仮想通貨】ALISトークンの説明

ALISトークンとは(アリストークンとは)、イーサリアム(Ethereum)の「ERC20」で作られたトークンのことを示します。


……と説明するのが妥当なのですが、この記事をまとめている「初心者向けの情報まとめ」では、「ALISや仮想通貨」の初心者が多くいると考えられるので、ALISトークンに関することをもう少しわかりやすく説明してみます。


◆ ALISトークンについて

株式会社 ALIS」が管理(発行)している「仮想通貨(暗号通貨)」のことです。


市場に流れている仮想通貨なので、「BTC(ビットコイン) → JPY(円)」に変換することで「現金化」することが可能ですね。

日本円と引換可能な、ネット上のポイント」と考えれば、わかりやすいかもしれません。

ただし、「ポイント」と「円のレート」が固定化されていないので、「ALISトークン」は、高くなったり安くなったりします


◆ イーサリアムについて

続いて、冒頭で記載した「イーサリアム(Ethereum)の『ERC20』で作られたトークンのこと」の説明。


○ イーサリアムとは(Ethereumとは)

イーサリアムを超簡潔に述べると、(ネット上で動作する)「ソフトウェア」のことを指します。

そして、このソフトウェアは、内部で仮想通貨の概念を作ることができます。


現実の世界でわかりやすく例えると、「任意の紙を印刷してくれる造幣局」かな。

法定通貨(円やドル)を作ることはできませんが、依頼を出せば、「オリジナルの札束」を刷ってくれたりします。

(イーサリアムを使えば、素人でも好きな名前の仮想通貨を発行することができるのです


・ALISトークンとイーサリアムの関係について

ALISトークンは、イーサリアムで生成された仮想通貨です。

イーサリアムのソフトウェアの機能によって、生成や管理が行われていたりします。


・仮想通貨の取引所でトレードされている「ETH」というものについて

「ETH」は、「Ether」という「仮想通貨」の省略名です

イーサリアム内で管理されている仮想通貨であり、イーサリアムのプログラムを動作させるために必要だったりします。


○ ERC20とは

イーサリアム内にある「ソフトウェア(仮想通貨を管理するシステム)」の1つです。


……技術者以外は、あまり使わない言葉なので、気にしなくても良いはず。

詳しいことが知りたい方は、「ERC20とは」で検索して下さい。


○ トークンとは

仮想通貨の用語における「トークン」とは、イーサリアム等の「プログラム上(ブロックチェーンと呼ばれるシステムの上)」で作られた「仮想通貨」のことです。


なお、仮想通貨の名前に「トークン」というものがついているということは、親元に「何らかのソフトウェア」が存在します。

ALISトークンの場合は、「イーサリアム」というソフトウェアで作られた「トークン」ですかね。


・余談:仮想通貨の「コイン」という名前について

昔は、自作した仮想通貨のことを「○○コイン」、ブロックチェーン上で作られた仮想通貨のことを「○○トークン」と呼んでいましたが……、

最近は、語呂を考慮して「コイン」という名前をつける仮想通貨も増えてきています。


日本産の仮想通貨の一例:

NANJコイン → イーサリアム上のプログラムなので、正確には「NANJトークン」

VIPSTARコイン → 独自で作られた「コイン」(確か「HTMLコイン」のコピー品だったような記憶がありますが、一応コインです)

奏コイン → イーサリアム上のプログラムなので、正確には「奏トークン」


コインと名乗っているものは、名前だけでは判断できない状態になっています。

一方で、トークンと名乗っているものは、ほぼ確実にトークン(ブロックチェーンというシステムの中で作られた仮想通貨)です。


◆ 「ALIS」と「ALISトークン」の関係について

ALISで活動している方には、「ALISトークン」がもらえていますね。

これは、「株式会社 ALIS」が「ALISトークン」という(データ上の)お金を刷っており」、それを配ることで成立しています

(イーサリアムのプログラムに変更依頼を出すことで、ALISトークンの量を増やすことができます)


やっていることは、日銀が「日本円を印刷する」のと同じようなことかな。

……ですが、単純にALISトークンを増やしても、それでALISトークンの価値が変わるわけではないので、実需を作らずに枚数を増加させると、「インフレ通貨」になってしまいます。


○ インフレ通貨とは

インフレ通貨とは、1枚あたりの価値が落ちていく通貨のことです


「通貨の値段(時価総額)」というのは、

値段 = 価値 ÷ 発行枚数

で決まることが多いので、価値が思うように上がらなかったり、発行枚数が増えたりすると、通貨の価値が落ちたりします。


○ ALISトークンはインフレ通貨になってしまうのか

実需ができないと、インフレ化を起こします

けれど、「ALISトークンの価値を大きく増やしたり」、「何らかの手法で発行枚数を減らしたり」すれば、インフレから脱却することが可能です。


◆ 「ALISトークン」の価格の調べ方について

ネットで「ALIS JPY」や「ALIS BTC」と検索すれば見つかります。

一例:「ALIS JPY」の相場チャート(CoinGeko)


◆ おまけ:なぜALISは、イーサリアムを使って「ALISトークン」という仮想通貨を管理しているのか

作るのが容易だから」と「機能を拡張させるのが簡単だから」が理由ではないかと考えています。


イーサリアムというソフトウェアの規格に統一することで、


・仮想通貨を作るのが簡単

セキュリティが高くなる

・機能の拡張が比較的楽に行える

プログラムの開発を行う手間が省ける

・イーサリアムウォレット(プログラムのお財布)にまとめて管理することができる


などのメリットが生じます。


◆ 終わりに

とりあえず、

「ALIS」では、「ALISトークン」という名前の「仮想通貨」が配られており、それは「現金にすることできる」

ということを理解していれば、さほど困らないと思います。

(より詳しいことが知りたい方は、「ALISのホワイトペーパー」などを読んだり、「ALIS運営の『情報公開ページ』をリンク集でまとめてみた」で情報収集とかを行ってみて下さい)


「初心者向けの情報まとめ」に戻る




◆ ツイッター


公開日:2018/06/16
獲得ALIS:71.36
ゆうき / アリスブロガー's icon'
  • ゆうき / アリスブロガー
  • @yuuki
ALISブロガーです。スキル:SEO対策、ライティング、プログラム等。ALISでは「記事制作のアドバイス」や「情報提供」などを行っています。よろしくお願いします。Twitter yuuki_tw1
コメントする
コメントする