引用とは(引用と転載に関することの説明)


リンク:

アリスブログALISの「ルールとマナー」に関する情報まとめ > 当記事


◆ 引用とは(引用と転載に関することの説明)

ここでは、「引用」と「転載」と「著作物」に関することを説明していきます。


○ 関連記事

引用の方法


◆ 引用について

引用とは、何らかの正当な目的のために「他者のコンテンツを、自分のコンテンツ内でも確認できるようにすること」です。


本来であれば、他者の著作物を無断で利用すると「著作権侵害」になるのですが、日本では、一定の条件(下記の「引用のルール」)を満たせば、権利者に許可を求めなくても、他者の著作物を利用することが可能になっています


より詳しい説明は、Wikipediaにて。


◆ 引用のルール

【条件】
ア,既に公表されている著作物であること
イ,「公正な慣行」に合致すること
ウ,報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること
エ,引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ,カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ,引用を行う「必然性」があること
キ,「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

引用元:著作権なるほど質問箱(文化庁)


上記の内容が「一般的な引用のルール」になりますが、私は、それを以下のように解釈しています。


1,引用元が「著作物」であること

2,引用元のデータは、過去に「一般の場」で公開されていること

3,引用された内容は、補足事項であること

4,引用は「正当な範囲内」であること

5,「記事の本文と引用部分が区別されている」と認識できること

6,引用する理由があること

7,出所が明示されていること


おおよそ、上記7つの条件を満たせば、「引用」になるはずです。

(※1 逆に、上記の要素を1つでも満たさなかった場合は、「無断転載」とみなされることがあります)

(※2 画像、音楽、動画などのコンテンツであっても、引用することができます)


以下、私の解釈事項を順番に説明。


1,引用元が「著作物」であること

日本の著作物の定義は、下記の通りになります。

著作物とは、日本の著作権法の定義によれば、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(2条1項1号)である。要件を分解すれば、次の通りである。
1,「思想又は感情」
2,「創作的」
3,「表現したもの」
4,「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」

引用元:著作物 - wikipedia


「表現性のある」創作物であれば、大方「著作物」になります。

一方で、表現性のない事件やニュース、自然のもの、普通の動物、ありふれた表現、独創性のないものは、著作物には該当しないことがあります。

(※1 「引用」や「著作物」の判定が曖昧なものに関しては、それを「裁判長」に決めてもらわないと、明確にはわかりません)

(※2 著作物でないものは、自由に転載することが可能です)


2,引用元のデータは、過去に「一般の場」で公開されていること

メールの文章」や「ログインしないと閲覧できないコンテンツ」の場合は、「一般の場」ではないので、制作者の許可がないと転載することができません

ご注意下さい。


3,引用された内容は、補足事項であること

引用の割合は、記事全体の「20%」以下に留めるのが無難でしょう(明確な定義はありません)。

逆に50%を超えると、補足事項とみなすのが難しくなるので、転載になる可能性が高いです


4,引用は「正当な範囲内」であること

他の条件と比べると、わりと曖昧な定義


引用する場合は、その時の社会的な常識の範囲内にしなければなりません。

……つまるところ、

「非難」「中傷」「差別」「弾圧」「他者の著作物を集客の手段として使う」「露骨な金儲け」「情報操作」「不快感を強く与えるために利用」等、

多くの人が嫌うような行為として利用するのはいけない、ということですね。

(これとは別に、多くの人が「正当」と判断できる要素も必要になります)


5,「記事の本文と引用部分が区別されている」と認識できること


・引用文が「"」「”」などで囲まれている

・引用文が「」『』【】()[]などの記号で囲まれている

・引用した画像の上か下に引用元が書かれてあり、画像が引用物であると、すぐに判断することができる

・引用文だけ、四角いボックス等に入っている

・引用文だけ、斜体になっている

・引用文の上下に線が引かれている

・引用文の先頭に、「>」「>>」などの記号が追加されている


上記のうちのいずれかの条件を満たせば、区別されていると判断することができます。


6,引用する理由があること

これは、ただ何となく他者のコンテンツを引用することは行えない、ということですね。


・説明するため

・報道するため

・情報の補強がしたいから

・問題提起に使用したいから

・説明したことを図で解説するため

・研究(考察)するため

・批判するため


などの、何らかの理由が必要になります。


7,出所が明示されていること

基本的には、引用を行った記事の中のどこかに「引用元の情報に関すること」が書かれていれば、問題ありません。

ですが、ネット上においては、情報元のサイトにリンクを貼るのが礼儀となっているので、可能であれば、引用元のサイトにリンクを繋げておきましょう


これらの要素を満たせば、制作者に許可をとっていなくても、自分のコンテンツ内に「他者のコンテンツ」を掲示することが可能です。


◆ 転載とは

こちらに記載。


◆ 引用と転載の違いについて

「引用」と「転載」の大まかな違いは、「著作者の許可を得なかった場合において、違法となるかどうか」です。


・無断引用 → OK

・許可を得た引用 → OK

無断転載 → 著作物の場合は違反

・許可を得た転載 → OK


著作物を無断で転載すると「著作権侵害」になるかもしれないので、「民事訴訟」もしくは「刑事罰」に発展することがあります。


◆ 引用の条件を満たしているかどうかを注意しておこう!

誰かのコンテンツを借りてくる時は、極力、上記の「引用のルール」の全てが満たされているかどうかを確認しましょう。

悪質なものでない限り、引用条件を満たしていないからといって、すぐに訴えられるようなことは(殆ど)ありませんが……、

読者に不快感を与えてしまうかもしれないので、そうならないように気をつけておきたいところです。


「ALISの『ルールとマナー』に関する情報まとめ」に戻る




◆ ツイッター


公開日:2018/07/13
獲得ALIS:12.73
ゆうき / アリスブロガー's icon'
  • ゆうき / アリスブロガー
  • @yuuki
ALISブロガーです。スキル:SEO対策、ライティング、プログラム等。ALISでは「記事制作のアドバイス」や「情報提供」などを行っています。よろしくお願いします。Twitter yuuki_tw1
コメントする
コメントする