【ALIS】エディトリアル画像の使用条件について


リンク:

アリスブログALISの「ルールとマナー」に関する情報まとめ > 当記事


◆ 【ALIS】エディトリアル画像の使用条件について

エディトリアル使用のみ」という文を見かけたことはありませんか。

写真サイトとかの「利用条件」に書かれていたりすることがあるのですが、

ここでは、その「エディトリアル(「社説」という意味の言葉)」に関することを説明していきます。


○ 留意事項

・この記事は、個人的な見解の元で説明を行っています。実際には情報が違う可能性もあるので、予めご了承下さい



◆ エディトリアル画像とは

エディトリアル画像(エディトリアルコンテンツ、Editorial Content)とは、「商業利用ではない『報道や教育』が目的であるなら、使用しても良い画像(コンテンツ)」のことを示します。


おおよそ、以下の条件を満たしていれば、エディトリアル素材の画像を使用することができます。


・「非商用」である(利益が生じていない)

・誰かに説明することを目的としている(ニュースや辞典など)

・公序良俗の範囲内である


(※1 「エディトリアル使用のみ(Editorial Use Only)」と書かれているものは、エディトリアル画像に該当します)

(※2 「エディトリアルデザイン」とは関係ありません)


・例外条件

例え「エディトリアル用素材」であっても、その画像の権利を保有している人から(商業利用などの)利用権限を得ることができていれば、(許可されていることを追記することで)「エディトリアル画像」を自由に使用することができます。



◆ エディトリアル画像の説明など

○ どのようなものが、エディトリアルコンテンツに該当するのか


・有名人の顔写真

・会社のロゴなどが含まれている画像

・一般の人が含まれている画像(撮影された人物全員の同意がある場合は除く)

・商標登録されたものが含まれている画像(お店食品、ビル、美術品、看板イベント会場など)

私有地の画像


要は、誰かが「著作権や、肖像権、商標権、施設管理権」などを保有しており、利用を許可していない(もしくは明言していない)ものですね。

(※ 上記の「誰か」は、「複数の人物」や「企業」「団体」等のケースもあります)

(より詳しい説明は、「こちら」に記載されています)


○ ALISでの利用について

基本的に、(権利者の使用許可が出されていない)「エディトリアル画像」をALISで使うことはできません

(かなり特殊な条件を満たさない限り、)ALISは商用利用(商業目的での利用)とみなされるため、「エディトリアル画像」の使用は禁止されている、と思って間違えないでしょう。


ALISの商用利用に関する説明は、こちらに記載。



◆ エディトリアル画像の「引用」について

権利関係に詳しくないなら、引用しないほうが良いでしょう。

……一応、「著作権だけ」の範囲であれば、「エディトリアル画像」であっても「引用の範囲」で利用することができますが

「肖像権」などの「著作権以外の権利」が含まれる場合は、引用であっても訴訟に発展する可能性があるので、引用はオススメできません。


・関連記事



◆ 「エディトリアル画像」のルールを無視して権利侵害を起こすと、どうなるのか

「無断転載のリスクについて」の記事に書かれている内容と同じようなことが起きます。



◆ ALISで「エディトリアルコンテンツ」を利用するとどうなるのか


・いいねが減る

・「通報」のリスクが増える

・炎上しやすくなる

・炎上すると、「訴訟」に発展する可能性がある

ALISが批判を受けるかもしれない


等の問題が生じます。


商標権を監視している企業が認知した」場合でもない限り、「エディトリアルコンテンツ」を使用しても何も起きませんが(誰も気が付かない可能性が高いですが)、

法律違反であることに変わりはないので、使用しないほうがいいと思います。



◆ 参考になる外部の関連記事




「ALISの『ルールとマナー』に関する情報まとめ」に戻る




◆ 「ゆうき」のツイッター


公開日:2018/09/07
獲得ALIS:20.28
ゆうき / アリスブロガー's icon'
  • ゆうき / アリスブロガー
  • @yuuki
ALISブロガーです。スキル:SEO対策、ライティング、プログラム等。ALISでは「記事制作のアドバイス」や「情報提供」などを行っています。よろしくお願いします。Twitter yuuki_tw1
コメントする
コメントする