【097】投資力の低い人ほど、自己過信しやすい!?

どうもこんばんは。
新米心理カウンセラー・あぶです。

あなたの周りには、仕事や勉強ができないのに、あるいは投資で損をしているのに、やたらと自己評価が高い人はいないでしょうか?

こうした、能力の低い人ほど自分の能力を著しく過大評価し、反対に能力の高い人が自分の能力を過小評価する傾向のことを「ダニング=クルーガー効果」といいます。今日は、この認知バイアスについてご紹介します。


コーネル大学のデイヴィッド・ダニングたちは、いくつかの能力に関するテストを実施し、同時にその能力について自己評価をさせるという実験を行った。

結果は、なぜか仕事のできない人ほどポジティブで、根拠もなく自信をもっているということを裏づけるものであった。

できない人の方が楽観的で、自分の能力を実際以上に見積もり、できる人ほど不安が強く、自分の能力を実際以上に低く見積もる
これは、できる人の方が、現実の自分や状況を厳しい目でみるため、自分を過信するよりも、まだまだ力不足だと思うということだろう。それが、さらなる成長の原動力になるといった好循環になっている。

  —— 『ネガティブ思考力


多くの自己啓発書では、「ポジティブでいることが重要」だと謳われていますが、こうしてみると、ポジティブ信仰にはまると、成長を阻害することがあることがわかります。

もちろん、ポジティブな姿勢は重要です。ですが、時にはネガティブに、自分も周囲も厳しい目でみてみるのも1つの策でしょう。それがきっと、飛躍につながっていくはずです。


さて、最後に質問です。
あなたの投資力は高いですか? それとも低いですか?


《ポジティブ思考とネガティブ思考について》

 →【041】「楽観的に生きる」ことの優れた効果

 →【043】今こそポジティブな言葉を使おう!

 →【044】今こそネガティブになろう!

 →【045】危機を乗り越えるメンタル術とは?


公開日:2018/09/27
獲得ALIS:20.93
あぶ(新米心理カウンセラー)'s icon'
  • あぶ(新米心理カウンセラー)
  • @creaaaaate
滋賀好き・旅好き・読書人。2018年、心理カウンセラーの資格を取得。ALISでは仮想通貨ネタの他、「思わず人に話したくなる」心理学関係のネタ、御朱印ネタを紹介しています。好きな動物はハリネズミ。
コメントする
コメントする