ALICOちゃん、海外大学院へ行く (4)TOEFL救世主参上

Content image

米国大学院に行こうと決意したもののTOEFLの点数が壊滅的ーー。藁をもすがる思いで入った英語学校はなんとTOEFL対策をしてくれない。ALICOの未来に希望はあるのだろうか。(前回




◆救世主現る

ど、どうしよう。

TOEFL扱わないとか聞いてない、、、いや、「TOEFL対策をします」とは学校説明に一言も書いてなかったな。今更気が付くが時すでに遅し。


混乱のさなか、日本にいる友人からの間違いメールなどを処理する。

あぁ、どうしよう、

メールしている場合じゃないんだけど、、、


その時だ、

「あ、そうそう」

「僕、海外で英語学校始めたんですよ」


な、なんですって!?

間違いメールからの会話で衝撃の事実を知るALICO。そういや忘れてたけどこの友人、英語得意だった。お、教えてください友よ、じゃない校長先生!

TOEFLって、結局何なんですか!?


「TOEFLですね、Skypeで説明しましょう」

ほどなく、友人あらため英語学校校長先生からのレクチャーが開始された。


Content image


◆TOEFLは対策次第

校長先生のレクチャーをまとめると

1)TOEFL用単語集を使え

TOEFLの出題範囲は経済学から文学、天体、物理、生物、、、と幅広い。何が出てもOKなように頻出単語をひたすら覚えよ!(やはり単語は大事な様子、、、)


2)80点まではテンプレ暗記

テンプレといっても、そのまま使えるわけじゃない。しかし、ライティングやスピーキングで使いやすい言い回しは丸暗記するが吉。さらに!同じ言葉を何度も使うと減点になるのでバリエーション豊かに丸暗記する必要がある。


3)リスニングは公式を何度も聞け

公式問題をとにかく聞け。そしてマネして発音してみろ。
発音できた言葉は必ず聞き取れるのだから。


なんという偶然、なんというありがたいアドバイス! 校長先生、本当にありがとうございます!宿題もたくさんあるし、週2回のペーパー提出もあるし、さらにTOEFL対策もご教授いただいて!


ようは、もう寝るなってこと?

わかりました!


Content image


◆ようやく揃った装備

校長先生からのレクチャーをうけ、目からうろこ状態のALICO。ようやくTOEFLへの道が見えてきた。家に帰りさっそく情報収集に励み、そして気が付く。


この世はTOEFLブログで

溢れかえっている


宿題の合間を使って読み漁る。

過去の猛者どもの汗と涙の軌跡。来てすぐは意味不明だったけど、校長先生のレクチャーの後だとよくわかる。インターネット時代っていいもんだな。

書いてあるのは校長先生が言ったこととほぼ同じだったけど、一つだけ皆が口をそろえて言っていることがあった。


日本の問題集は使うな


えー、、、日本で買ったぺらぺら問題集しか持ってないんですけど、、、

でも皆同じことを言っている。

・日本の問題集は簡単

・公式問題集がやっぱりいい

・むしろ公式以外は今すぐ捨てろ!


わ、わかりました、、、

今すぐ本屋さんに向かいます ><


米国生活立ち上げ、スクール選び、入学からのどたばたーー。渡米から2か月が過ぎ、ようやくALICOはスタートラインに立ったのであった。


次へ




<今日の学び>

◆おすすめ単語集

噂によるとTOEFLは英国のネイティブが受けても平均85-90点くらいらしい。なぜか? 色々と理由はあるけれど恐らく一番は「そんな話知らんし」という設問が多いことだろう。例えば、、、

・バイソン狩りの方法

・アメリカ女流作家

・第3代大統領のエトセトラ

など、知らんわ、、、というテーマだがTOEFLでは頻出問題。この辺りは背景を知っていると回答がめちゃ早くなる。ということでおすすめは

テーマ別に1ページ程度の文章と単語をまとめてくれてある。ついでに雑学も身につく素敵なTOEFL必須単語集だ。


◆おすすめ問題集

はい、書いた通り公式一択です。

ETS、どんだけ儲ける気なのか。

お勧めは過去問ガイドの2冊。というのも、ガイドを読むとどうやって解くかの対策が載っているから!定期的にバージョンアップされるので最新版をチェックしよう!

これら公式を3周して出てくる単語覚えたら嫌でも点数が上がります。ついでに前述した頻出テーマにも慣れるでしょう。この修行が終わるとき、あなたはハミングバードの羽ばたき回数、コヨーテの生態、地下水脈の構造に詳しくなっているはず、、、



「この頃、ずっと眠かった」 by ALICO


MALIS

次へ

公開日:2019/02/25
獲得ALIS:43.69
MALIS's icon'
  • MALIS
  • @MariSaita
エネルギー政策専門のコンサルタントです。ニューヨークにいることが多いのでこちらの情報発信が多めになる予定。Twitter: @mari_saita
コメントする
コメントする